autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型エルグランド 試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2010/6/25 17:57

日産 新型エルグランド 試乗レポート/森口将之(2/3)

関連: 日産 エルグランド Text: 森口 将之 Photo: ZIPNIX
日産 新型エルグランド 試乗レポート/森口将之

低い着座位置と包まれ感のあるインパネが印象的

新型エルグランド E52
新型エルグランド E52新型エルグランド E52

低重心化による室内の広さが気になるところだが、新型エルグランドでは燃料タンクを薄型に新設計するなどしてフロアは129mmも低くなっているから、室内高はむしろ20mm現行型を上回っている。

座ってみると、とくにサードシートの快適性が印象的だった。フロアは低く、シートは長さや傾きがしっかり取ってあって、前2列に劣らぬ座り心地で、身長170cmの筆者でもラクに過ごせるスペースを持っている。

しかも折り畳みを左右跳ね上げから、シンプルな背もたれ前倒しに変えたことで、このクラスでは初めて「電動格納/引き起こし」を可能とした。そのぶんラゲッジスペースのフロアは上がっているのだが、手前にある深い床下収納を活用すれば、むしろスマートに使えるのではないだろうか。

新型エルグランド E52

そして気になる運転席は、高めで包まれ感のあるインパネと、相対的に低い着座位置が印象的だった。モダンなメーターパネルを上から見下ろす従来の眺めとは対照的だ。ラグジュアリー感を重視した環境といえるだろう。

ふっかりとしたシートの座り心地は、さすが日産の最上級ミニバン。でも助手席とセカンドシートにはすべてオットマンが装備されているから、特等席はこちらかもしれない。

エルグランドは従来から「ハイウェイスター」の人気が高かったという。そこで、新型エルグランドのエンジンは2.5リッターと3.5リッターの2種類のまま、「250XG」というグレード以外をすべてハイウェイスターで設定している(250ハイウェイスター/350ハイウェイスター/350ハイウェイスタープレミアム)。

エンジンは、2.5リッターをライバルと同じ4気筒に変え、3.5リッターV6に専用チューニングが施された。トランスミッションが5速ATから6速マニュアルモード付CVTに一新されたことと合わせて、燃費・環境性能の向上が期待できるだろう。

新型エルグランド E52新型エルグランド E52新型エルグランド E52新型エルグランド E52新型エルグランド E52

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21