autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト」ミニ試乗レポート/松下宏

試乗レポート 2013/1/29 16:30

日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト」ミニ試乗レポート/松下宏

関連: 日産 エルグランド Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部・日産自動車
日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト」ミニ試乗レポート/松下宏

世界初の機能も含む日産の先進安全技術を体感

日産 新型 エルグランド 350highway STAR Urban CHROME Black Leather[2WD・7人乗り](ボディカラー:メタルグレー)

スバルの「アイサイト」に代表される、自動ブレーキや誤発進防止など新しいクルマの安全技術が次々に登場するようになった。安全装備に関しては立ち遅れが目立っていた感のある日産も、昨年12月から「エルグランド」に誤発進を防止する「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載した。

このシステムには駐車枠検知機能も付いていて、日産では世界初のシステムとうたっている。

日産グローバル本社にも程近い横浜のマリノスタウン駐車場で「踏み間違い衝突防止アシスト」システムの体験会が実施され、これに参加したのでレポートしておきたい。

アラウンドビューモニターの技術を応用

日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート10

「踏み間違い衝突防止アシスト」のシステムは、日産がすでに採用している「アラウンドビューモニター」をベースにしたもの。アラウンドビュー用の4台のカメラに超音波ソナーを使って、駐車操作などの低速走行時、運転者がブレーキと間違えてアクセルを踏みこんでしまったときに警告音を発生するとともに、ブレーキをかけて衝突を防いだり、あるいは被害を防ぐものだ。

壁やコンビニのガラス窓、駐車中のほかのクルマなどといった障害物を超音波ソナーが検知すると、急なアクセル操作をした際に警告を発してドライバーに停止操作を促す。それでもアクセルを踏み続けたときには、トラクションコントロールによってエンジントルクを絞って加速を抑制し、さらに衝突前にブレーキを作動させて衝突を防止したり、状況によっては衝突しても被害を軽減してくれる。

日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート2日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート6

実際の体験では、障害物に模したバルーンに向かってアクセルを踏み込んでみたが、警告音を発した後でアクセルの反応が鈍くなり、さらにブレーキが作動して完全に停止した。

2~3秒後にはシステムによる停止が解除されるが、その間に冷静さを取り戻すことができるだろうから、誤ってコンビニに突っ込んだり、駐車場から飛び出したり転落するような事故は未然に防げる。

超音波ソナーは後方に向けても発信しているので、このシステムは前進だけでなく後退するときにも機能する。

また、万が一踏み切り内に取り残され、遮断機を障害物と認識してシステムが作動した場合でも、アクセルを踏み続けたり、数回あおることで解除される仕組みが採用されている。

世界初の駐車枠検知機能とは

日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート12日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート1

もうひとつの特徴である「駐車枠検知機能」は、駐車場の枠内に駐車しようとして思わずアクセルを踏みすぎたときに作動するもので、これはアラウンドビューモニターのカメラが白線を認識し、アクセルとブレーキを踏み違えて枠内からはみ出しそうになったときなど、ブレーキを働かせて枠内に納める仕組み。この駐車枠の白線を検知してシステムを働かせる機能の部分が、世界初を標榜する部分である。

さらに、渋滞中や駐車場での車庫入れのために微低速で動いているとき、前方のクルマなどの障害物を検知すると、ブレーキを働かせて衝突を回避または低減する仕組みも備えている。これは微低速に限られるが、ほかのメーカーが採用を始めた自動ブレーキの一種と言うことができる。

今のところ3.5リッター車にのみ設定、しかも高価な純正ナビなどとセットオプション

日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート5

日産の「踏み間違い衝突防止アシスト」は、基本的にアラウンドビューモニター装着車に設定される新装備だ。従来の仕様に対してこの機能向上の分は2~3万円高程度に収まるというから、それ自体は納得モノの価格設定といえる。

ただし、アラウンドビューモニターは純正メーカーオプションのカーウイングス対応カーナビシステムと合わせないと装着することができない。その上、今回の「踏み間違い衝突防止アシスト」だけを単純に追加することはできず、インテリジェント・クルーズコントロール(0~100km/hで先行車に追従しての走行が可能)やインテリジェント・ブレーキアシストなどもセットで装着される。結果として、従来のカーナビに対してさらに15万円高くらいの設定になる。

また踏み間違い衝突防止アシストはエルグランドの350系(V6 3.5リッター車)だけにオプション設定されるもので、最も安いものでもオプション価格が62万円を超えるから、そもそも高価な3.5リッター車に対しさらに上乗せして買うかどうかはなかなか難しい。

なお、車両本体価格が500万円を超える「350ハイウェイスター・プレミアム」や、これをベースとするオーテックジャパン製のカスタマイズリムジン「VIP」には、踏み間違い衝突防止アシストは標準で装備されている。

[レポート:松下宏]

日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート7日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート8日産 新型 エルグランド 350highway STAR Urban CHROME Black Leather[2WD・7人乗り](ボディカラー:メタルグレー)日産 新型 エルグランド 350highway STAR Urban CHROME Black Leather[2WD・7人乗り](ボディカラー:メタルグレー) サイドビュー日産 新型 エルグランド「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」体感レポート11

日産自動車の「踏み間違い衝突防止アシスト」解説動画はコチラから

◎関連記事:

日産、「エルグランド」に世界初「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」を採用[自動車ニュース:2012年11月22日]

日産、「踏み間違い衝突防止アシスト」を年内に商品化[自動車ニュース:2012年10月15日]

日産先進技術説明会&体験会レポート/飯田裕子[特集:2013年1月8日]

日産 先進技術説明会・試乗会2011 レポート/岡本幸一郎[特集:2011年10月19日]

筆者: 松下 宏

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23