autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-日産 エルグランド ユーザー試乗レビュー- 4ページ目

コンシューマレポート 2010/10/28 10:59

日本版コンシューマレポート-日産 エルグランド ユーザー試乗レビュー-(4/6)

日本版コンシューマレポート-日産 エルグランド ユーザー試乗レビュー-

新型エルグランドのユーザー評価・レビュー/ドライビング

上記データを「年代の全体」項目で見てみよう。

「視界が良く運転が楽だった」64.7%。

これは、「低い車高」「ゴージャスにそそり立つダッシュボード」にしては、「想像以上に視界が良く感じた」というイメージだろう。低重心でガッシリしたサスペンションにより、旧型車と比べて圧倒的に視点の高さ変化がないことも、「運転が楽」と感じる要因だ。

「車内がとても静かだった」50.0%。

これは、高級車としては当然の結果。ミニバンの場合、大きな窓部、スライドドア、リアハッチなど外部音の侵入が激しい。コストパフォーマンスの高い、遮音/吸音方法が求められる。ただし、この項目は30代では14.3%と、他の年代とは大きな差がある。残念ながら、原因は不明だ。

また、乗り心地の面では「乗り心地が硬かった」が見事に0%。だが、決して「硬くない=柔らかい」という印象ではないはず。

その一例が、試乗後に「イメージが変わった」と答えた方のコメントだ。

「カーブを曲がるときのフワフワ感が、ほとんど無かったことには正直驚きました。これで山道を走っても、同乗者が酔うことが少なくなると思います」(福岡県 ネコちゃんさん)

車高が高い(=重心が高い)、旧「エルグランド」では、サスペンションの動きが大きくなる。

その結果として、フワフワ感という印象のソフトさで、乗り心地を確保することになる。それが、低重心=ボディの四隅にタイヤがガッシリと路面をつかむ、新型「エルグランド」では、硬くなく、程好いズッシリ感が実現している。

ハンドリングについては「キビキビ走る感じがした」が20.6%。

低重心フォルムからすれば、もっと高い評価になってもおかしくはない。だが、「エルグランド」の低重心は、単純なキビキビではなく、高級車らしいドッシリとした動きが優先されている。

また、ステアリングギア比やステアリング周辺のブッシュ(=ゴム製品)の仕様が「さほどクイックなハンドリングの味付け」になっていない。ステアリングの切り始め、クルマの動きを確認して「やや切り足し」を必要とする感覚がある。

外観からすると「もっとキビキビ動く」という印象を持つため、「若干おっとり系」の動きに対して、違和感を持つ人もいると思う。

実際、試乗後に「イメージが変わった」と答えた方で、「思ったより、ハンドルの切れ味が悪かった」(奈良県 小暮達之さん)というコメントがある。

まあ、新型「エルグランド」はFF(フロントエンジン・前輪駆動)である。FR(フロントエンジン/後輪駆動)の旧「エルグランド」と比べると、ステアリングのクイック感に差が出るのは当然だろう。

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22