autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】日産 デイズルークス vs ホンダ N-BOXカスタム どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/3/20 16:24

【比較】日産 デイズルークス vs ホンダ N-BOXカスタム どっちが買い!?徹底比較(2/3)

関連: 日産 デイズルークス , ホンダ N-BOX Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部/日産自動車
【比較】日産 デイズルークス vs ホンダ N-BOXカスタム どっちが買い!?徹底比較

日産 デイズルークス vs ホンダ N-BOXカスタム インテリア・装備対決

日産 新型デイズ ルークス ハイウェイスターX G/インパネホンダ N BOX カスタム /インパネ

インパネなど内装は、一般的にいえば日産 デイズルークス ハイウェイスターが上質だ。光沢のあるブラック塗装のタッチパネル式オートエアコンが装着され、質感が高い。

対するホンダ N-BOXカスタムは、光沢のある素材を使うものの、デイズルークス ハイウェイスターに比べると控え目に仕上げた。

その半面、操作性はN-BOXカスタムが勝る。エアコンのスイッチが高い位置に装着されて扱いやすい。デイズルークス ハイウェイスターはスイッチパネルの表面を上に向けて操作性に配慮したものの、取り付け位置は少し低い。タッチパネルだと手探りの操作がしにくい欠点も併せ持つ。

フロントシートは両車ともサイズに余裕を持たせた。空間効率を向上させるために、着座位置は高めの設定だ。デイズルークス ハイウェイスターは、シートリフターで高さの調節が可能だが、座面だけが上下する簡易型なので、下げた状態では座面と背もたれの間に隙間が生じる可能性も。小柄なドライバーは、ペダルを正しく操作できるか確認しておきたい。

座り心地はデイズルークス ハイウェイスターが少し柔軟で快適に感じる。N-BOXカスタムは少し硬いが、好みによって優劣が変わる程度の違いだ。

リアシートはデイズルークス ハイウェイスターが少し快適。座面の奥行寸法がフロント側よりも30mm長く、膝の裏側までしっかりとサポートされるからだ。N-BOXカスタムも不満はないが、座面はデイズルークス ハイウェイスターほど長くない。座り心地も少し硬い。なお、背もたれの高さは両車とも低めに設定され、肩まわりのサポート性は良くない。

足元の空間はN-BOXカスタムが広い。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先空間は、デイズルークス ハイウェイスターが握りコブシ3つ少々。N-BOXカスタムは4つ分に達する。N-BOXカスタムのリアシートの足元の空間は、軽自動車に限らず、日本車全体で見ても最大級になる。

日産 新型デイズ ルークス ハイウェイスターX G/フロントシート日産 新型デイズ ルークス ハイウェイスターX G/リアシート日産 新型デイズ ルークス ハイウェイスターX G/メーター日産 新型デイズ ルークス ハイウェイスターG/インパネ日産 新型デイズ ルークス/スーパーUVカット断熱グリーンガラス
ホンダ N BOX カスタム /フロントシートホンダ N BOX カスタム /リアシートホンダ N BOX カスタム /シフトホンダ N BOX カスタム /ナビゲーションホンダ N BOX カスタム/

実際にはデイズルークス ハイウェイスターのリアシートも十分な広さが確保されている。Lサイズセダンの足元空間が握りコブシ2つ半程度だから、上記の通り、 3つ少々余裕があるデイズルークス ハイウェイスターは大人4名が快適に乗車できる。見方を変えれば、N-BOXカスタムは必要以上に広いともいえるだろう。実用性を超えた「広々感」にN-BOXカスタムの価値がある。

子育て世代のユーザーに配慮した機能を搭載

ホンダ N BOX/座面を格納した状態

背の高い軽自動車は、シートアレンジも多彩だ。

ここで不満を感じるのがN-BOXカスタム。デイズルークスを含めたほかの背の高い軽自動車と違って、リアシートにスライド機能が装着されない。リアシートにチャイルドシートを装着した時、前寄りにスライドさせ、信号待ちの時などに運転席の親が子供の世話をするといった使い方ができない。

4名で乗車しながら、車内の最後部の荷室を広げる融通も利かない。これはN-BOXカスタムの大きな欠点で、後発のホンダ N-WGNはスライド機能を設けた。

その点、デイズルークス ハイウェイスターであれば、リアシートが左右独立してスライドする。リアシートにチャイルドシートを装着した側は前に寄せ、もう一方は後方にスライドさせて大人が座るという使い方も可能だ。リアシートに大人が座らない時は、左右ともに前方へ寄せると、最後部の荷室が広がってベビーカーなどを積みやすい。

日産 新型デイズ ルークス ライダー/ラゲッジスペースホンダ N BOX/ラゲッジスペース

N-BOXカスタムはリアシートがスライドしない代わりに、座面を持ち上げる機能を設けた。この状態では車内の中央部が荷室になり、衝突時に加害性を持たない荷物なら、スライドドアから簡単に積み込める。独特の使い方を可能にした。

両車とも、リアシートを床面へ落とし込むように畳むことができるが、この時の使い勝手ではN-BOXカスタムに軍配が上がる。燃料タンクをフロントシートの下に搭載して荷室の床を低く抑えたからだ。

リアゲートを開いた時の下端部分の地上高は、デイズルークス ハイウェイスターが600mmで、N-BOXカスタムは480mmと低い。N-BOXカスタムであれば、自転車を積む時にも前輪を大きく持ち上げる必要はない。荷室開口部の上下寸法は、デイズルークス ハイウェイスターが1090mmで、N-BOXカスタムは1200mm。N-BOXカスタムは床が低いために、開口部の上下寸法にも余裕がある。

N-BOXカスタムは安全装備が充実

安全装備はN-BOXカスタムが充実している。横滑り防止装置は全車に標準装着した。さらに6万円の「あんしんパッケージ」を加えれば、時速30km以下で作動する自動ブレーキを伴った衝突回避の支援機能、サイド&カーテンエアバッグもセットされる。N-BOXカスタムは上級シリーズだから、Aパッケージ以上であれば、「あんしんパッケージ」は標準装着される。

対するデイズルークス ハイウェイスターは、安全装備が寂しい。横滑り防止装置ですら、標準装着されるのは最上級のハイウェイスターターボのみ。そのほかはオプションで、低価格のハイウェイスターSではオプション装着もできない。しかもオプション価格は6万3000円と高めの設定だ。サイドエアバッグは、ハイウェイスターXと同ターボには標準装着される。

日産 新型デイズ ルークス X日産 新型デイズ ルークス ハイウェイスター

このあたりは、姉妹車の三菱 eKスペースと比較しても見劣りする。eKスペースは、最廉価になる標準ボディのEを除くと、横滑り防止装置とサイドエアバッグが標準装着されるからだ。日産車の安全装備が貧相なのでは困る。

そして衝突回避の支援機能は、デイズルークス、eKスペースともに用意されていない。

唯一、N-BOXカスタムに勝るのはアラウンドビューモニター。デイズルークスでは標準ボディのSとハイウェイスターSを除く全車に標準装着される。ただしルームミラーの内部に表示する機能は、視認性があまり良くない。デイズに比べてルームミラーの取り付け位置が高いからだ。

快適装備は、安全装備とは逆にデイズルークス ハイウェイスターが充実する。主力グレードの天井には、リアシート用の空調吹き出し口を装着。夏場はエアコンの冷気が車内全体に行き渡る。助手席の下には前後スライド式のシートアンダーボックスを設け、リア側のサイドウインドーには引き出し式のサンシェードも取り付けた。子育て世代のユーザーを意識して、快適装備を充実させている。

日産 デイズルークス 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デイズルークス の関連記事

日産 デイズルークスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズルークス の関連記事をもっと見る

日産 デイズルークス の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22