autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】日産 デイズルークス 試乗レポート/藤島知子

試乗レポート 2014/3/19 19:44

【試乗】日産 デイズルークス 試乗レポート/藤島知子(1/3)

関連: 日産 デイズルークス Text: 藤島 知子 Photo: オートックワン編集部
【試乗】日産 デイズルークス 試乗レポート/藤島知子

上級ミニバンを思わせる風格をも備えたスーパーハイトワゴン「日産 デイズルークス」!

日産 デイズルークス ハイウェイスターXと藤島知子さん日産 デイズルークス ハイウェイスターX フロントフェイス

軽自動車市場で今、最も人気が高いジャンルが超スペース系の“スーパーハイトワゴン”。

そして、「ダイハツ タント」や「ホンダ N BOX」「スズキ スペーシア」など人気の軽ハイトの対抗馬として、日産と三菱の合弁会社であるNMKVが開発したのが「日産 デイズルークス」と「三菱 eKスペース」だ。今日は、その日産版に試乗してきた。

ひと目で「日産らしさ」が分かるデイズルークスの特徴といえば、フロントフェイスだろう。背高ノッポなボディに水平基調のグリルを与えることで、ミニバンの「セレナ」を思わせる堂々とした風格を備えている。

軽といえば、手軽なサイズを生かしたミニチュア感に個性をプラスすることで愛着が湧くモデルが多いが、デイズルークスには、セレナやエルグランドで人気の上級仕様「ハイウェイスター」がちゃっかり(?)設定されているあたり、なかなか洒落ている。インテリ系の“ちょい悪オーラ”が漂うハイウェイスターというキャラクターは、誰もがクールに乗りこなせそうだ。

日産 デイズルークスと藤島知子さん/ボディカラー:アゼリアピンク

さらに、日産が得意とするカラーリングマジックも健在。設定されているボディカラーは8色だが、女性の表情が華やいで見えそうなボディカラー「アゼリアピンク」は、おもわず“ハッ”とするほど新鮮な印象を受ける。

自分で選ぶならダークカラーや白を選びがちだが、ソリッド系の濃いめのピンクは乗り手が映えそうな色なので、「これまでとはちょっと違った自分を演出したい」なんていう願望がある方には、是非ともチャレンジしてみて欲しい。

日産 デイズルークス フロントイメージ/ボディカラー:アゼリアピンク日産 デイズルークス リアイメージ/ボディカラー:アゼリアピンク日産 デイズルークス 正面/ボディカラー:アゼリアピンク日産 デイズルークス 真後ろ/ボディカラー:アゼリアピンク日産 デイズルークス エンジンルーム
日産 デイズルークス ハイウェイスターX フロントイメージ日産 デイズルークス ハイウェイスターX リアイメージ日産 デイズルークス ハイウェイスターX 正面日産 デイズルークス ハイウェイスターX 真後ろ日産 デイズルークス ハイウェイスターX エンジンルーム

デイズルークスのインテリアは標準モデルの「アイボリー」がおススメ

日産 デイズルークス インテリア/内装色:アイボリー日産 デイズルークス ハイウェイスターX インパネ/内装色:エボニー

インテリアのテーマは、2種類が用意されている。

標準モデルの有彩色のボディカラーに組み合わせられているのは「アイボリー」のインテリア。オーディオとエアコン周りのフラットなブラックパネルとのコントラストが生まれることで、モダンで爽やかな印象を与えてくれる。

一方で、ダークカラーとモノトーンのボディカラーが用意されたハイウェイスター系の内装は、オーソドックスなブラック基調の「エボニー」。

デイズルークス ハイウェイスターの外観は個性的でチョイ悪感もあってカッコイイが、インテリアはややインパクトに欠けた印象を受ける。外観同様に質感は高いのだから、色のポイント使いで何らかのアクセントを与えてみたりするなど、今後の展開に期待したい。

日産 デイズルークス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デイズルークス の関連記事

日産 デイズルークスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズルークス の関連記事をもっと見る

日産 デイズルークス の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24