autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産「デイズ」(DAYZ)新型車解説 -三菱との共同開発で生まれた日産の新型軽「デイズ(DAYZ)」!- 3ページ目

新型車解説 2013/6/6 09:30

日産「デイズ」(DAYZ)新型車解説 -三菱との共同開発で生まれた日産の新型軽「デイズ(DAYZ)」!-(3/3)

エアロパーツ装着モデルは「DAYZ  ハイウェイスター」がターボを含めてお買い得!

日産 デイズハイウェイスター日産 デイズハイウェイスター

次は「DAYZ  ハイウェイスター」と「eKカスタム」を比較してみよう。

まず、「DAYZ  ハイウェイスター」の特徴は、4グレードが用意されること。3グレードの「eKカスタム」に比べて選択肢が多い。加えたのはアイドリングストップを装着しない「DAYZ ハイウェイスターJ」。車両価格は122万100円だ。「DAYZ ハイウェイスターX」に対し、9万円相当の装備が省かれ、価格も同等に安いため、走行距離が短く、アイドリングストップによる燃費節約の効果を得にくいユーザーには受けるだろう。

そして「DAYZ ハイウェイスターX」は131万400円で、「ekカスタム G」は136万8,000円。「DAYZ ハイウェイスターX」は5万7600円安いが、「ekカスタム G」に対して省かれる装備はスピーカー2つ分程度。「DAYZ ハイウェイスターX」が買い得になる。

そして、「DAYZ ハイウェイスターG」というグレードもあり、これはノーマルエンジンを積んだ最上級モデル。「DAYZ ハイウェイスターX」に日産独自の装備となるアラウンドビューモニター、オートライト、15インチサイズのアルミホイールなど、ekカスタムではターボのTのみに装着される装備を与えた。車両価格は137万9,700円。「DAYZ ハイウェイスターX」よりも6万円9,300円高いが、プラスされる装備は7万5,000円相当だから、上級装備を求めるユーザーには買い得だ。

日産 デイズハイウェイスター
日産 デイズハイウェイスター日産 デイズハイウェイスター

そして最上級になるのが「DAYZ ハイウェイスターG ターボ」。

アイドリングストップが省かれて横滑り防止装置が加わり、価格はハイウェイスターGを10万5,000円上まわる148万4,700円。本来であればアイドリングストップと横滑り防止装置の価格換算額は同等だから、10万5,000円が加わると割高感が生じるが、eKカスタムTにオプション設定される横滑り防止装置は、フロントスタビライザーなどと併せて6万3,000円と少し高い。この点を踏まえれば、妥当な価格差ともいえる。

そして143万円のeKカスタムTに横滑り防止装置を加えると、149万6,000円になって「DAYZ ハイウェイスターG ターボ」の148万4700円を上まわってしまう。加えて日産 デイズでは、オプション価格を3万1,500円としているアラウンドビューモニターまで装備される。

以上の損得勘定を整理すると、標準ボディで買い得度をねらうなら「eKワゴン M」。充実装備なら「DAYZ X」。エアロパーツを装着した仕様を求めるなら、「DAYZ  ハイウェイスター」がターボを含めて全般的に買い得だ。

日産 デイズ対三菱 eKシリーズでは、ニーズに見合うグレードの損得勘定が変わるため、十分に注意して欲しい。

日産 デイズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デイズ の関連記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連記事をもっと見る

日産 デイズ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24