autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産「デイズ」(DAYZ)新型車解説 -三菱との共同開発で生まれた日産の新型軽「デイズ(DAYZ)」!- 2ページ目

新型車解説 2013/6/6 09:30

日産「デイズ」(DAYZ)新型車解説 -三菱との共同開発で生まれた日産の新型軽「デイズ(DAYZ)」!-(2/3)

日産「デイズ」(DAYZ)新型車解説 -三菱との共同開発で生まれた日産の新型軽「デイズ(DAYZ)」!-

日産 デイズでは、最廉価グレード「J」か最上級グレード「X」を選ぶべし!

日産 デイズ(DAYZ)

日産 デイズ購入時に注意したいのは、各グレードの価格設定。eKシリーズは装備と価格のバランスがおおむね均一で偏りがないが、DAYZはグレードごとの割安感に差が生じている。

まずは、標準ボディのDAYZから。アイドリングストップを持たない最廉価の「DAYZ J」は106万7,860円で「eKワゴン M」より高いが、電動格納式ドアミラー、リヤワイパーなどのセットオプションは標準装備される。

「eKワゴン M」は105万円だが、これらの装備が1万5,750円でオプション設定され、合計すれば106万5,750円。「DAYZ J」は106万7,860円だから近い価格だ。

日産 デイズ(DAYZ)日産 デイズ(DAYZ)

デイズで注意したいのは、アイドリングストップを備えた中級グレードの「DAYZ S」。車両価格は112万350円で「eKワゴン M」の112万5,000円を少し下まわるが、タッチパネル式オートエアコン、スーパーUVカットガラス、チルトステアリング、運転席の上下調節機能といった「eKワゴン M」の装備がセットされない。

つまり、「DAYZ J」にアイドリングストップとヒルスタートアシストを加えた程度で、52,500円も価格を高めている。eKワゴンではMが買い得グレードだが、「DAYZ S」はほぼ同じ価格でも選んではいけない割高グレードになってしまう。

となれば、標準ボディのDAYZで最上級となる「DAYZ X」はどうだろう。「DAYZ S」に対してアラウンドビューモニター、スーパーUVカットガラス、タッチパネル式オートエアコン、インテリジェントキー、ドアミラーのサイドターンランプ、チルトステアリング、運転席の上下調節機能など、装備が大幅に充実。

車両価格は122万100円だからSに対して9万9,750円の上乗せだが、プラスされる装備は16万円相当に達する。仮に「DAYZ S」よりも「DAYZ X」を買い得なグレードに位置付けるとしても、Sは2万5,000円ほど値下げする必要がある。今やアイドリングストップの価格換算額は2~3万円に下がり、5万2,500円は高すぎる。ポルテなど一部のトヨタ車は5万4,600円だが常識外れだ。

なので、デイズの標準ボディを買うならば、最廉価の「DAYZ J」か最上級の「DAYZ X」という二者択一だ。

ならば、122万100円の「DAYZ X」を124万円の「eKワゴン G」と比べたらどうか。

両車の違いは、「DAYZ X」にはアラウンドビューモニターとドアミラーのサイドターンランプが装着され、「eKワゴン G」には本革巻きステアリングとアルミホイールが付いて、スピーカーがDAYZの2個に対して4個に増える。装備レベルは同等だが、車両価格は「DAYZ X」が約2万円安い。この勝負は「DAYZ X」の勝ちだ。

日産 デイズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デイズ の関連記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連記事をもっと見る

日産 デイズ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27