autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート オーテック キューブライダー ハイパフォーマンススペック 試乗レポート

試乗レポート 2009/6/15 14:00

オーテック キューブライダー ハイパフォーマンススペック 試乗レポート(1/2)

関連: 日産 キューブ Text: 岡本 幸一郎 Photo: 島村 栄二
オーテック キューブライダー ハイパフォーマンススペック 試乗レポート

ドレスアップと走りを追求した「キューブライダー HPS」

ノーマルに飽き足らないユーザーへ向けて、オーテックジャパンでは、日産車をベースに内外装をカスタマイズした「ライダー」「アクシス」シリーズをラインナップ。

リアスタイリング

両シリーズともコダワリのあるユーザーから大いに支持されている。

ライダーシリーズは初代キューブから始まったのだが、スクエアなフォルムにキャッチーなドレスアップが受けて、予想を超える人気モデルとなったという。たしかに街を走っていても、見かけたキューブがライダーである確率がやけに高いような気がしなくもない。

現行キューブにも、デビューと同時にライダーが設定された。

エクステリアでは、前後バンパーやグリル類、サイドシルプロテクター、ルーフスポイラー、16インチ光輝アルミホイールなど、すべてライダー専用品。

フロントマスク&アルミホイール

インテリアでは、専用のシート地やシルバーのフィニッシャー、本革巻ステアリングホイールなどが与えられている。

初代同様、エアロフォルムやメッキパーツをまとったキューブは、小さいながらもめいっぱい存在感をアピールしている。見れば見るほど、キューブ×ライダーというのは、なんだか妙に相性がいいように思えてくる。

そのライダーシリーズの新たな展開として、「誰もが体感できる走りの性能を追求する」というストレートなコンセプトによる「パフォーマンススペック」と、より高度な内容の「ハイパフォーマンススペック(以下HPS)」が登場。

HPSでは、エルグランド、セレナ、ノートに続く第4弾として、キューブが加わった。ボディ補強やサスペンション、電動パワステの味付け、エンジン内部のファインチューンなど、メーカー直系らしく、ショップレベルではなかなかできない領域まで踏み込んでいるのが特長だ。

HR15DEユニットは、吸排気系パーツだけでなく、カムのプロフィールまで換え、プレミアムガソリン仕様とし、専用チューニングコンピュータを与えるなど本格的な走りを追求した内容を誇る。

スペックは、最高出力80kw(109ps)/6,000rpm、最大トルク148Nm(15.1kgm)/4,400rpmから、それぞれ5kW(7ps)、8Nm(0.8kgm)向上し、85kW(116ps)/6,000rpm、156Nm(15.9kgm)/3,600rpmに。ピークトルクの発生回転数が、標準車よりも低くなっている点にも注目だ。

フロントシートインパネステアリングメーター

日産 キューブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 キューブ の関連記事

日産 キューブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 キューブ の関連記事をもっと見る

日産 キューブ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19