autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート なるか?シーマ現象再び!日産 新型シーマハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2012/6/11 14:34

なるか?シーマ現象再び!日産 新型シーマハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ(2/3)

なるか?シーマ現象再び!日産 新型シーマハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ

メイク次第でオンナは化ける!?

日産 新型シーマハイブリッド フロントイメージ
日産 新型シーマハイブリッド フロントイメージ日産 新型シーマハイブリッド リアイメージ

さて、新型シーマハイブリッドのパッ見は意外と「オオッ!」と言いたくなるほどの迫力があった。

派手だし、一瞬「コレって専用ボディじゃなかったっけ?」と思わせるものがある。

だが、それはぶっちゃけメッキ効果。私のデザイン審美眼が甘いせいもあるが、造形として明らかに変わったのはフロントグリルやバンパーなどディテールのみ。しかし、確実にゴージャスかつハデになっている。

細かくフーガとの違いを取り上げると、フロントグリルのフチが一周グルリと太いメッキで覆われたのと、中のルーバー類も太くメッキ化されている点がシーマの特長。

日産 新型シーマハイブリッド フロントフェイス
日産 新型シーマハイブリッド ホイール日産 新型シーマハイブリッドと小沢コージ氏

さらに違うのはフロントバンパーで、造形がエグくなり両端のフォグランプがこれまた太いハデなメッキで囲まれた。一方、リアはシンプルにナンバープレート周りを太いメッキで囲まれただけ。

そのほか、目立つのは専用ホイールだがこれが意外と効果的。元々フーガは抑揚の付いたセクシーフォルムではあったので、言わば“メイク次第でオンナは化ける”って感じでありましょうか。

なにより、全長5,120×全幅1,845×全高1,510mmのサイズが圧巻だ。ホイールベースも大台の3m越えで、サイズが物語る威圧感というのは確かにある。

一方、インテリアもゴージャスだがこれまたフーガハイブリッドと基本は同じ。元々、艶めかしい有機的なフォルムなので外観とイメージは合っており、さらにグレード別に豪華装備が付く。

意外とタイトな室内空間

日産 新型シーマハイブリッドと小沢コージ氏
日産 新型シーマハイブリッドと小沢コージ氏日産 新型シーマハイブリッド インパネ(運転席側から)

新型シーマハイブリッドには「ベースグレード」「VIP」「VIP G」の3グレードが存在するが、「VIP」「VIP G」にはセミアニリンシートと日産自慢の銀粉本木目パネルが備わり、コレがなんともセクシーだ。さらに「VIP G」ではリア席にリクライニング機能と専用モニターも付く。

フロントシートに座って思うのは、「フーガってこんなにタイトだったっけ?」ということだ。

特にヘッドルームは狭く、身長176センチの私が乗ると、頭に載せたサングラスが天井にぶつかる。だが、それはある種のパーソナルなイメージも繋がる。そう、これはイギリス車のジャガーと同じ手法で、目指すのは高級でありつつスポーティなこと。広々感はミニバンに任せ、タイトで心地良いゴージャス空間を提供するのだ。

それはリア席も同様で、座るとヒザ前に余裕でコブシが3つ入るのに驚くが、頭上はそれほど広くない。

この辺りの空間作りは、日産が選んだ方向性である。

日産 新型シーマハイブリッド フロントシート日産 新型シーマハイブリッド リアシート(各種コントロールスイッチ内蔵のリアセンターアーム可倒時)日産 新型シーマハイブリッド(ヘッドレスト一体型高精細7インチワイドVGAディスプレイ)日産 新型シーマハイブリッド メーター日産 新型シーマハイブリッド

日産 シーマハイブリッド 関連ページ

日産 シーマ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 シーマハイブリッド の関連記事

日産 シーマハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 シーマハイブリッド の関連記事をもっと見る

日産 シーマハイブリッド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21