autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート なるか?シーマ現象再び!日産 新型シーマハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ

試乗レポート 2012/6/11 14:34

なるか?シーマ現象再び!日産 新型シーマハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ(1/3)

なるか?シーマ現象再び!日産 新型シーマハイブリッド 試乗レポート/小沢コージ

「シーマ」を待っている人のために

日産 新型シーマハイブリッド 走行イメージ1 [グレード:VIP G/ボディカラー:ガーネットブラック]
日産 シーマ(セドリック シーマ)[初代] フロントエクステリア日産 シーマ(セドリック シーマ)[初代] リアエクステリア

「やっぱりフーガじゃダメ。“シーマ”じゃなきゃ!ってお客様が結構いらっしゃるんですよ、有り難いことに」

担当の広報レディのカリーナちゃんは嬉々として言う。なるほど・・・そのキモチも何となくわかるような、わからんような(苦笑)。

そう、2010年に生産終了となった、日産のフラッグシップモデル「シーマ」。今回、およそ2年を経てハイブリッドとして復活した新型シーマは5代目モデルであり、ほぼ10年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

1988年に登場するなりバカ売れした初代シーマは、独特のド迫力ロングボディとどっかんターボで“シーマ現象”とまで言われたが、やはり残した印象はキョーレツだったようだ。今でも他の高級車には浮気せず“シーマ”にこだわり、乗り続けている人が相当数いるというのだから。

いかに“シーマらしさ”を表現させるか

(左)フーガハイブリッド/(右)新型シーマハイブリッド(左)フーガハイブリッド/(右)新型シーマハイブリッド

よって、今回はいかにそこを演出するかがキモだった模様。

端的に言ってしまえば、新型シーマハイブリッドは“ちょっとデカくなったフーガ”である。

ハードウェアは、日産のフラッグシップ「フーガハイブリッド」のホイールベースを150mm伸ばして肉付けしただけ。パワートレインはフーガと同じ「3.5リッターV6」+「モーター」という、日産流ハイブリッドユニット一本のハイブリッド専用車種だ。

燃費は10・15モードで「18.8km/L」とレクサス LS600hの12.2km/Lを大幅に凌ぐが、出力的にはレクサス GS450hに近く、微妙に負けている。そのほか、気筒休止のV8ユニットなどは選べないし、前後フェンダーやフード類、ライト形状もフーガとまるで変わらない。

なぜなら、この新型シーマハイブリッドは日本マーケット専用車なのだ。イチから専用ボディを起こす程ではなく、だからフルモデルチェンジに10年ほどかかったと思われるが、一方、その価格はフーガハイブリッド+150万円(弱)の735万円と結構なお値段。

名前やエンブレム以上に、それなりに“シーマらしさ”を感じさせなければ、客も納得いかないはずなのだ。

(左)フーガハイブリッド/(右)新型シーマハイブリッド(左)フーガハイブリッド/(右)新型シーマハイブリッド(左)フーガハイブリッド/(右)新型シーマハイブリッド日産 新型シーマハイブリッドフーガハイブリッド

日産 シーマハイブリッド 関連ページ

日産 シーマ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 シーマハイブリッド の関連記事

日産 シーマハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 シーマハイブリッド の関連記事をもっと見る

日産 シーマハイブリッド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19