autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 ブルーバードシルフィ 新型車徹底解説 4ページ目

新型車解説 2005/12/22 20:31

日産 ブルーバードシルフィ 新型車徹底解説(4/6)

リビング感覚を採り入れた落ちつきのある室内

日産のセダンには2つの方向性がある。ひとつはスカイラインやフーガに代表されるスポーツ方向、もうひとつがティアナに代表されるモダンリビングの方向だ。シルフィは後者の方向性を持つ。

まず注目したいのがリヤシートのデザイン。従来モデルと比べると厚さで60mm、奥行きで40mm、シートバックの高さで100mmものサイズアップが行われている。クルマのシートというよりはソファを意識したデザインであるが、後席左右はシートバックにもサイドサポートが得られる機能性が持たされている。

一方、フロントシートも厚さで27mm、高さで80mmのサイズアップが図られ、多くの体型の人がゆったりと座ることが可能なサイズとなった。シートそのもののデザインは、丸みを大切したもので、優しい雰囲気にあふれているが、これもまたクルマのシートとして十分な性能を確保した形状が施されている。

ボディサイズのアップに伴い室内の有効長も増えている。とくにリヤシートは、フロントシートバックの背面を大きくラウンドさせた形状とすることで、格段に広いニールームを手に入れていることも見逃せない。

日産 ブルーバードシルフィ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ブルーバードシルフィ の関連記事

日産 ブルーバードシルフィの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ブルーバードシルフィ の関連記事をもっと見る

日産 ブルーバードシルフィ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25