autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 ブルーバードシルフィ 新型車徹底解説 2ページ目

新型車解説 2005/12/22 20:31

日産 ブルーバードシルフィ 新型車徹底解説(2/6)

流麗なデザインが施された6ライトウインドウを持つエクステリア

新型シルフィのエクステリアのなかで、もっとも目を引くのがボディをサイドから見たデザインだろう。リヤドアを開けても、リヤにクォーターウインドウが残る6ライトウインドウデザインを採用している。シルフィが6ライトとなったことで、上からフーガ、ティアナ、シルフィといった一連の6ライトウインドウセダンの流れができあがったわけだ。

ボディ全幅は1695mmで5ナンバーに収まるサイズ。前後方向に対してはホイールベースが165mm、全長で195mm延長された。このサイズアップによりボディ全長は4610mmと、最終型となったブルーバードを超えるに至った。

エクステリア全体から感じられるのは高級感と上質感で、コンパクトなセダンにありがちなチープな雰囲気はない。ものにこだわりを持つ、女性ユーザーにも十分に受け入れられるクォリティを持っていると言える。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ブルーバードシルフィ の関連記事

日産 ブルーバードシルフィの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ブルーバードシルフィ の関連記事をもっと見る

日産 ブルーバードシルフィ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12