autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新東名高速道路、4月14日に御殿場JCT~三ヶ日JCT間162キロが開通

自動車ニュース 2012/1/27 20:21

新東名高速道路、4月14日に御殿場JCT~三ヶ日JCT間162キロが開通

新東名高速道路 御殿場ジャンクション空撮新東名高速道路 上城高架橋新東名高速道路 谷津川橋新東名高速道路 新富士川橋

NEXCO中日本は、同社が建設を進めてきた新東名高速道路の御殿場ジャンクション(JCT)から三ヶ日JCTまでの間(約162km)を、2012年4月14日(土)15時に開通すると発表した。

同区間は当初、2013年3月31日の完成予定であったが、およそ1年前倒しされる形となった。なお、残りの未開通区間については、以下年度にて順次開通予定としている。

・浜松いなさJCT~豊田東JCT/2014年度

・海老名南JCT~厚木南JCT/2016年度

・厚木南IC~伊勢原北IC/2018年度

・伊勢原北IC~御殿場JCT/2020年度(新東名高速道路全開通)

NEXCO中日本では、4月14日の開通により、静岡県内の東名高速道路の渋滞がほぼ解消される見込みとしている。

御殿場IC~三ヶ日IC間の交通容量は一日あたり「48,000台」だが、現在の平均交通量は「74,000台」。完全に交通容量が超過しているため、同区間では年間2,500回もの渋滞が発生していたが、開通により交通が分散すれば、同渋滞は解消されるとしている。

また、新東名では現在の東名と比べて走りやすくなっていることが一つの特徴という。

たとえば現東名ではカーブの最小半径を300mにしていたところ、新東名では3,000mと緩やかなカーブにされ、最大勾配も現東名の最大勾配が5%のところを新東名では最大2%とすることで走行中のスピードの急激な低下を抑え、快適に走行できる道路設計とされた。

なお、新東名の最高速度制限について、NEXCO中日本 東京広報部長の長谷川氏は、

「新東名は120km/hで走行できるように設計されているが、速度についての最終決定権は公安委員会になる。事故などを考慮すると、おそらくだが120km/hになるとは考えられない。確かなことは言えないが、最高速度は全線100km/hになるのではないかと思う」

と述べた。

そのほか、上下線合わせて13箇所ものSA・PAが4月14日に同時オープンし、SA・PAには合計121店舗が出店。さらにそのうち67店舗が高速道路初出店となっているなど、規模の大きなSA・PAが作られる予定となっている。

新東名高速道路 新富士川橋空撮新東名高速道路 新清水ジャンクション空撮新東名高速道路 新静岡IC新東名高速道路 安倍川橋新東名高速道路 安倍川橋
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!