autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、カーシェアリング向け「リーフ」を災害時の非常用電源として活用

自動車ニュース 2011/12/20 17:51

日産、カーシェアリング向け「リーフ」を災害時の非常用電源として活用

日産

三井不動産レジデンシャル株式会社と、日産自動車株式会社、株式会社フルタイムシステムは共同で、災害時における非常用電源として、日産「リーフ」の駆動用バッテリーからマンションの共用部に電力供給するシステムを導入する。

なお、本システムにおいては、株式会社日産カーレンタルソリューションが運営する、EVカーシェアリングで使用する電気自動車(EV)・日産「リーフ」を活用する。

日産「リーフ」からマンションへ電力を供給するシステムは、宅配ロッカー最大手のフルタイムシステムが、三井不動産レジデンシャル、日産自動車の協力のもと開発し、平成24年9月下旬を目途に商品化する予定。

EV充給電機を導入することで、外部からの電力供給がない状況でもEVからの電力供給により、ワンセグテレビやラジオ、スタンド照明の利用や携帯電話の充電(1日20機を想定)が最大10日間可能になるという。

まずは、三井不動産レジデンシャルが分譲中の「パークホームズ大倉山」(神奈川県横浜市港北区 総戸数177戸)にて、分譲マンションとして初めて導入する。

「パークホームズ大倉山」は、共用部に太陽光発電20kWと蓄電池30kWhを搭載し、防災用備品として発電機等も備えており、非常時には自立運転により一部共用部の電力供給を想定しているが、更なる非常時の対応としてEVからの電力供給システムを導入。マンションの集会室を災害時の防災拠点である「サポートステーション」と想定し、非常時には、日産「リーフ」のバッテリーから充給電機を経由して「サポートステーション」の非常用コンセントに電力供給する。

三井不動産レジデンシャルは、上記システムを今後、EVカーシェアリングの採用が予定されている「パークシティ南浦和」(埼玉県さいたま市南区 総戸数211戸)をはじめとする首都圏の物件を中心に順次導入していくという。

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19