autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、バッテリーを取り外して家庭で充電できる電動スクーター「e-Let's」発売

自動車ニュース 2011/12/9 11:18

スズキ、バッテリーを取り外して家庭で充電できる電動スクーター「e-Let's」発売

関連: スズキ

スズキは、家庭で充電できる着脱式バッテリーを採用して使い勝手を高めた電動スクーター「e-Let's」を2012年1月9日より発売すると発表した。

「e-Let's」は、実用的な電動二輪車の普及を目的とし、低騒音、低振動、排出ガスゼロの原付一種電動スクーターとして開発を進めてきた。

「e-Let's」は、扱いやすく使い勝手の良さで好評の原付一種スクーター「レッツ4バスケット」の車体をベースに、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池を組み合わせ、電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、装備重量(専用充電器を除く)を「レッツ4バスケット」に対し2kg軽い車両重量を実現。

バッテリーの状態を監視するBMU(バッテリーマネジメントユニット)を内蔵したリチウムイオンバッテリーは、車体から取り外して充電できる着脱式を採用し、1回の充電(家庭用100Vで約4時間)で30kmの走行(30km/h定地走行テスト値※)が可能。

シート下に専用充電器またはスペアバッテリーを収納することが出来るため、外出先で充電する際の利便性を高めており、また、充電済みバッテリーと替えることで走行距離を延ばすことができるなど、使用用途に合わせた活用ができる。

なお、「e-Let's」はバッテリー1個に専用充電器を装備した基本仕様に加え、スペアバッテリー1個を追加して行動範囲を広げた「e-Let's W」も設定した。

スズキは、将来のゼロエミッション社会に向けて、「e-Let's」をはじめとした電気自動車、燃料電池車等の次世代車の開発を進めCO2の削減に努めるとともに、お客様に二輪車の楽しさを提供する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ の関連記事

スズキの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ の関連記事をもっと見る

スズキ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16