autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタとBMWグループ、次世代リチウムイオン電池の共同研究で合意

自動車ニュース 2011/12/1 18:04

トヨタとBMWグループ、次世代リチウムイオン電池の共同研究で合意

次世代環境車・環境技術に関する中長期的な協力関係構築も

環境技術における中長期的な協力関係の構築に合意したトヨタとBMWグループ

トヨタとドイツ・BMWは12月1日、次世代リチウムイオンバッテリー技術の共同研究開始に合意したと発表した。また欧州トヨタにおいて、BMWのクリーンディーゼルエンジンの供給についても併せて明らかにした。今後、さらに次世代環境車や環境技術についても、中長期に渡り協力関係を構築に向け覚書に調印した。

脱石油の時代に向け、次世代環境技術と言われる選択肢の中で現在最有力候補となるのが、EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド)だ。それを支える電池の開発は、世界各国の自動車メーカーにとって最有力課題となっている。

現在市販EVで先行し、独自のリチウムイオン電池を自社で開発・生産する日産は、グループのルノーに加え、ダイムラーグループ(メルセデス・ベンツ)との間でも、EVや燃料電池車に関する協業に向け検討に入っている。ハイブリッド技術で大きく先行しながら、リチウムイオン電池の技術においてはやや保守的な印象もぬぐえないトヨタと、メルセデスの最大のライバルであるBMWが手を取ったことで、最新の電池技術の開発に弾みをつける狙いがあるようだ。

BMWの1.6・2.0リッター クリーンディーゼルエンジンを欧州向けトヨタ車に供給へ

トヨタ 内山田 竹志 取締役副社長(左)とBMWグループ クラウス・ドレーガー 開発担当 上級副社長(右)

BMWのクリーンディーゼルエンジンについては、2014年より1.6リッターと2.0リッターのエンジンをBMWよりトヨタへ供給し、欧州向けモデルに搭載する。

トヨタ自動車の内山田 竹志 取締役副社長は、コストにシビアな小型車向けのエンジンであり、自社で独自開発するよりも供給が妥当と判断したという。BMWとは従来より技術交流があったといい、エンジン供給以外での協業の可能性について2011年4月頃より検討していたことを明かした。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21