autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、ターンパイクで電気自動車「e-tron」の試乗会を実施

自動車ニュース 2011/11/22 12:02

アウディ、ターンパイクで電気自動車「e-tron」の試乗会を実施

アウディ A1 e-tronアウディ A1 e-tronアウディ A3 e-tron

アウディ ジャパンは、11月16日~18日の3日間、電気自動車のプロトタイプ(先行開発車両)「アウディ e-tron」の試乗会をアジア各国のメディアに向けて開催した。

この「アウディ e-tron」試乗会はアジア初の試みとなり、スポーツ性能を存分に味わうため、「TOYO TIRESターンパイク」(神奈川県小田原市)を全面貸切とした特別なコースを用意。

「アウディ e-tron」は、アウディのスローガンである「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」を体現する、先進的なデザイン、パワーと環境性能を両立させたスポーティな電気自動車。

試乗会当日は、イベントのためにドイツ本社より空輸した「アウディ A1 e-tron」と「アウディ A3 e-tron」の2種類のプロトタイプが用意された。

また、ドイツ本社よりEモビリティ戦略担当者を迎え、アウディの取り組みを以下のように発表した。

「アウディ e-tronは、グローバルトレンド(ガソリン価格の高騰、気候変動、人口構造の変化)と、お客様の期待(快適性と安全性、走る楽しさを犠牲にしない、環境意識の向上)を的確に捉えた持続可能なEモビリティであり、航続距離やスポーティな走行性能など、現在のEVが抱える課題に対し1つのソリューションを提案する、アウディのビジョンを具現したモデルです。

ドイツ本国ではすでにA1 e-tronの実証実験を開始しており、また2012年末にはR8 e-tronを、そして2014年にはプラグインハイブリッドの市販化も予定しています。」

アウディ A1 e-tron

発電をしながら走行距離を延ばすレンジエクステンダー付きの電気自動車。搭載される電気モーターは最高出力75kW、最大トルク240Nmを発生、最高速度は130km/hに達する。

車両状況に応じ小型内燃エンジン(254 ccのロータリーエンジン)がバッテリーを充電、航続距離を最大で250kmまで延長できる。なお、最初の50kmは電気モーターのみでの走行も可能。

アウディ A3 e-tron

26.5kWhのリチウムイオンバッテリーとモーターのみで駆動する電気自動車。リアシート下とセンタートンネル部分にバッテリーを配し、室内、荷室空間を犠牲にすることなく5名乗車を実現。

最高出力は85kW、最大トルクは270Nmを発揮。最高速度は146km、航続可能距離は135km(欧州のNEDCモード)となっている。

※アウディ A1 e-tron およびA3e-tronはプロトタイプであり、発売、日本市場への導入時期などについては未定。

アウディ A1 関連ページ

アウディ A3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A1 の関連記事

アウディ A1の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A1 の関連記事をもっと見る

アウディ A1 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円