autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、東京モーターショー2011に2台のハイブリッドカーなど出展

自動車ニュース 2011/11/11 18:39

アウディ、東京モーターショー2011に2台のハイブリッドカーなど出展

関連: アウディ

アウディ・ジャパンは12月3日から開催される「東京モーターショー2011」において、ワールドプレミアを1車種、ジャパンプレミアを7車種出展すると発表した。

なお、ワールドプレミアとなるモデルについては、その詳細は現時点で明かされていない。

ジャパンプレミアについては、「A6ハイブリッド」「Q5ハイブリッドクワトロ」「R8 GTスパイダー」「Q3」「S5」「S7 Sportback」の6車種と、こちらも詳細不明の1車種を含む計7車種だ。

また、アウディで最もコンパクトな「A1」も展示される。

アウディ A6ハイブリッド

アウディ A6ハイブリッド フロントイメージアウディ A6ハイブリッド リアイメージ

A6ハイブリッドは、2012年に量産が開始される予定だ。

155kW(211ps)の最高出力と350Nmの最大トルクを発生する2.0 TFSIエンジンに、40kW(54ps)と211Nmを発生する電気モーターを組み合わせている。システム合計で180kW(245ps)、480Nmを発揮。

A6ハイブリッドは、電力のみで最高速度100km/h、60km/hの定速で最長3kmまで走行することができる。

アウディ Q5 ハイブリッドクワトロ

アウディ Q5 ハイブリッドクワトロ フロントイメージアウディ Q5 ハイブリッドクワトロ リアイメージ

この高性能ハイブリッドSUVは、リチウムイオンバッテリーを標準搭載して提供される、アウディ初のフルハイブリッドモデル。

搭載されるエンジンは、155kW(211ps)の最高出力を発生する2.0 TFSI。それに40kW(54ps)の出力と211Nmのトルクを発生する電気モーターと組み合わせ、システム全体で180kW(245ps)を発揮。

V6エンジン並みのパワーと、4気筒ユニットの経済性を両立している。

0~100km/h加速は7.1秒、最高速度は225km/h。電力のみで走行可能なEVモードおいては、最高速度は100km/h、60km/hの定速で最長3kmまで走行することが可能。平均燃費は6.9リットル/100km(欧州仕様)だ。

アウディ R8 GTスパイダー

アウディ R8 GTスパイダー

R8 GTスパイダーは、アウディのあらゆる軽量化技術を盛り込んだ、333台のハンドメイドによる世界限定生産車。

直噴ガソリン5.2リッターV10エンジンは、412kW(560ps)の最高出力を発生。0~100km/h加速は3.8秒、最高速度は317km/h。

広範囲にわたるファインチューニングにより、R8 GTスパイダーの重量はノーマル比で約85kgが軽量化されており、車両重量は1,640kg、パワーウエイトレシオは2.93kg/psを達成。

カーボンファイバー複合材を使用した固定式のリヤスポイラーは、リヤアクスルに必要なダウンフォースを発生する。

アウディ Q3

アウディ Q3アウディ Q3

アウディQ3は、コンパクトカテゴリーにおけるプレミアムSUV。

スポーティで効率的、使い勝手の良さを誇り、オンロードでもオフロードでも快適に走れるシティビークルだ。

ボディ、ドライブトレイン、シャシー、アシスタンスシステム、マルチメディアシステムといった装備のすべてに、アウディの先進的なテクノロジーを採用。

それらの装備の多くはアウディのラグジュアリーセグメント譲りのものだ。

スポーティな性格を表現するクーペライクなラインによって、アウディファミリーに加わった最も新しいメンバーであることをはっきりと打ち出しており、ボディパネルのエレガントな曲面にシャープなエッジが走り、特徴的なライトがフロントとリヤにアクセントをもたらしている。

ウェッジシェイプのヘッドライトは、オプションでLEDデイタイムランニングライトを内蔵したキセノンプラスヘッドライトを装着でき、その場合はテールライトもLED仕様となる。

A5

アウディ A5アウディ A5

アウディは、A5シリーズの新型を発表する。

新たなアクセントが追加されたA5のエクステリアデザインは、その先進性をさらに強調。Sportback、Coupe、CabrioletというA5ファミリーの各モデルのデザインはいずれも流れるようなシルエット、シャープなライン、筋肉質な表情で、強力なメッセージを発する。

ヘッドライトは完全な新設計となり、リヤライトも新デザインとなっている。また、オプションで連続的な光を発するLEDライトも選択することができる。

フロントフェンダーは、軸荷重配分を改善するためにアルミニウム製となっている。アンダーボディにライニングを装着したことで、空力面も改善されている。

アウディ S7 スポーツバック

アウディ S7スポーツバックアウディ S7スポーツバック

新たなコンセプトで生まれたラグジュアリィな4ドアクーペ A7 スポーツバックに、待望のSモデルが導入される。

S7 スポーツバックには最高出力309kW(420ps)、最大トルク550Nmを発生する新開発4.0 TFSIを搭載。このツインターボV8エンジンは、停止状態からわずか4.9秒で100km/hまで加速することが可能。

このエンジンには、アウディ独自の「シリンダーオンデマンド」技術が適用され、100km走行あたりの平均燃費はわずか9.7リットル。

画期的な効率を誇るAudi S7 Sportbackには、軽量化されたボディが大きく貢献をしている。

ハイブリッドアルミニウム構造を採用したボディは、オールスチール製のボディと比較して、約15%軽量化。

ハッチを開けると、535リットルの容量を持つラゲッジコンパートメントが出現し、リヤシートを折り畳めば、その容量は1,390リットルまで拡大することが可能だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22