autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 富士重工業 2012年3月期 第2四半期連結業績の概要を公表

自動車ニュース 2011/11/1 15:44

富士重工業 2012年3月期 第2四半期連結業績の概要を公表

関連: スバル

富士重工業 2012年3月期 第2四半期連結業績の概要を公表

スバル

富士重工業株式会社は、 2012年3月期第2四半期連結業績の概要をまとめ、これを公表した。

2012年3月期 第2四半期累計期間業績:連結売上高

東日本大震災による大幅な生産台数減の影響により、スバルの国内販売は前年同期比18.0%減の73千台、海外販売は同20.3%減の193千台、全世界合計の販売台数は同19.7%減の266千台となり、この結果、連結売上高は売上台数の減少に加え為替の円高による影響もあり、同18.5%減の6,550億円となった。

2012年3月期 第2四半期累計期間業績:連結損益

第2四半期累計期間業績については、販管費をはじめとした諸経費削減に努めたものの、震災影響によるスバルの販売台数減と為替の円高の影響等により、営業利益は前年同期比67.3%減となる188億円となり、経常利益は同63.3%減の216億円、純利益は本社ビル売却による特別利益261億円を計上したものの、同26.5%減の328億円となった。

2012年3月期 通期連結業績見通

通期連結業績見通しについては、販売台数を前回予想比13千台増の645千台とするとともに、引き続き諸経費削減に努めるものの、為替の円高がさらに進行していることから、売上高1兆4,800億円、営業利益300億円の前回予想値を据え置く形となった。

経常利益については為替予約の影響などにより290億円に、当期純利益については360億円にそれぞれ見直す考えだ。なお、通期連結業績見通しの前提となる為替レートは¥78/$、¥108/EUROとなる。

※通期連結業績見通し(2011年8月2日公表):売上高1兆4,800億円、営業利益300億円、経常利益250億円、当期純利益350億円、 想定為替レート¥81/$、¥115/EURO

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル の関連記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22