autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、電気トラックなどを2011東京トラックショーへ出展

自動車ニュース 2011/10/25 16:43

日産、電気トラックなどを2011東京トラックショーへ出展

関連: 日産

小型トラック「アトラスF24」に日産のEV技術を搭載

日産 「e-NT400アトラス コンセプト」参考出展)

日産自動車は、10月27日(木)から10月29日(土)までの3日間、東京国際展示場「東京ビッグサイト」で開催される『2011東京トラックショー』に、EV(電気自動車)関連技術を装備・搭載したトラックをはじめとする小型商用車(LCV:Light Commercial Vehicles)を5台出展する。

「e-NT400アトラス コンセプト」(参考出展)は、トラック「アトラスF24」に、「日産リーフ」用モーター・バッテリーなどのコンポーネントを搭載した電気自動車のコンセプトカーだ。航続距離はJC08モードで100km。CO2や排気ガスが一切出ないEVの特長を活かし、従来は乗入れに制限があった場所に直接乗入れることができる。さらに高出力大容量のリチウムイオンバッテリーと高性能の電気モーターが、これまでのガソリン車やディーゼル車とはまったく違う、振動の無いスムーズな加速や大幅な低騒音化を実現させた。

「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷凍車」(参考出展)は、フォーアールエナジー株式会社の開発するリチウムイオンバッテリー電源システムに電動モーターを組合せて冷凍用のコンプレッサーを稼動させる世界初のモデル。日本での発売を2012年秋に予定する。

高効率の電動コンプレッサーによりCO2排出量を削減に貢献しながら、車両エンジンが停止しているときも、排出ガスを出さずに荷室を冷蔵・冷凍させることを可能にした。またシャシー上の冷媒配管を廃止することにより、冷媒ガス漏れのリスクを低減させ、地球温暖化の防止にも効果があると説明する。

また、アラウンドビューモニターをトラック用として進化させた「マルチビューモニター」を搭載。自分の車を見下ろしているようなアングルの映像がハイマウントディスプレイに表示され、車をバックさせる時に見づらかった後方や助手席側も確認することが出来る。なおマルチビューモニターについては2012年春の発売を予定している。さらに「ボックスイージーエントリーシステム」では、荷物で両手がふさがっている時もフロントドアだけでなく、荷室扉のロック、アンロックがボタン一つでできるもの。

「アトラスF24給電車」(参考出展)は72kWh、リーフ3台分のバッテリーを搭載する給電車。日中の電力のピーク時に20人程度のオフィス(250m2)で4時間使用できる電力に相当する電気を搭載する。電力供給に余裕のある夜間電力で充電し、電力需要の高まる昼間に、夜間に蓄えた電力を使用することで、電力消費のピークを和らげることが可能だ。また停電などの非常時の電力不足時には、非常用電源として使用することもできるという。

このほか、先ごろニューヨーク市のタクシーへの採用も決まり話題を呼んだ「NV200バネットタクシー」や、マイクロバスをベースに階層された「シビリアンハートフルサルーン」もあわせて出展される。

2011東京トラックショー 概要

日時: 2011年10月27日(木)~29日(土) 10:00 ~ 17:00/会場:東京国際展示場「東京ビッグサイト」西展示棟 及び 屋外展示棟(東京都江東区有明3-11-1)/主催:株式会社 日新出版/後援:社団法人 全日本トラック協会/入場料:1000円

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25