autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、新型燃料電池スタック(2011年モデル)を開発

自動車ニュース 2011/10/13 15:11

日産、新型燃料電池スタック(2011年モデル)を開発

関連: 日産

世界トップの出力密度により、従来モデル比で2分の1以下のサイズを実現

新型燃料電池スタック(2011モデル)

日産は13日、ゼロ・エミッション社会の実現に向けた包括的な取り組みの一環として、同社が継続して開発を進めている燃料電池車(FCEV)用の新型燃料電池スタック(2011年モデル)を公開した。

今回公開した新型燃料電池スタック(2011モデル)は、燃料電池セルを構成する膜電極接合体(MEA:Membrane Electrode Assembly)とセパレーター流路の改良を行い、出力密度を従来型の2005年モデルと比較して2.5倍と飛躍的に向上させ、世界トップとなる1リットルあたり2.5キロワットを実現している。

また、MEAを支持するフレームをMEAに一体成型することで、燃料電池セルの安定的な一列積層を可能とし、従来比で2分の1以下となる大幅な小型化も実現。さらに、2005年モデルに比べて白金使用量を4分の1、部品種類を4分の1にまで削減し、燃料電池スタックのコストを6分の1に低減させている。

日産は、ゼロ・エミッション社会の実現と燃料電池車の早期実用化に向けて、今後も継続して開発を進めていくとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21