autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ 世界最高強度の自動車用高張力鋼板を新型SUV「マツダ CX-5」に採用

自動車ニュース 2011/10/4 13:52

マツダ 世界最高強度の自動車用高張力鋼板を新型SUV「マツダ CX-5」に採用

関連: マツダ

年明け登場のCX-5は、強くて軽くて安全さ!

マツダ 世界最高強度の自動車用高張力鋼板を新型SUV「マツダ CX-5」に採用マツダ 世界最高強度の自動車用高張力鋼板を新型SUV「マツダ CX-5」に採用

マツダは、住友金属工業とアイシン高丘の3社共同で、世界最高の強度をもつ1800MPa級高張力鋼板を用いた自動車用部材の開発に成功した。

新開発したのは、フロント、及びリアバンパーの内側に設置し衝突時に車体が受けるダメージを低減させるバンパービームで、従来の部材に比べると強度は約20%高く、重量は約4.8kgの軽量化を達成している。

マツダでは、このバンパービームを取り入れた新世代の軽量高剛性ボディ「SKYACTIV-BODY(スカイアクティブ ボディ)」を、2012年初頭から販売開始する新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」に世界で初めて採用する。

高張力鋼板を自動車の部材に用いると、同じ強度をより薄肉で確保できるため、車体を大幅に軽量化することができる。車体の最前端と最後端に設置されるバンパービームは、重量が走行時の振動やハンドリング性能に大きく影響することから軽量化が重要な部材だが、衝突安全性を確保するための高い強度も求められており、より高強度な鋼板の適用が期待されていた。

一方で、強度が増すと衝突時のエネルギーを吸収する柔軟性は減少。そこでマツダでは、衝突時に部材がどのように変形するのか検証を重ね、より効率的にエネルギーを吸収するバンパービームの形状を新たに開発した。また、部材のもつ強度を「CX-5」搭載時にも最大限に引き出すために、双葉工業と共同で溶接条件の最適化を行い、安定した製造技術を確立させた。

今後もマツダは、高い剛性と衝突安全性を確保しながら、自動車の基本性能を飛躍的に向上させる軽量化を徹底していく方針だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18