autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、新型 軽自動車「PIXIS SPACE(ピクシス スペース)」がデビュー

自動車ニュース 2011/9/26 14:04

トヨタ、新型 軽自動車「PIXIS SPACE(ピクシス スペース)」がデビュー

トヨタ初の軽自動車はダイハツ「ムーヴ コンテ」のOEM供給

トヨタ 新型 軽自動車「PIXIS SPACE(ピクシス スペース)」X(2WD)[ボディカラー:ライトローズマイカメタリック]トヨタ 新型 軽自動車「PIXIS SPACE(ピクシス スペース)」カスタムG(2WD)[ボディカラー:アーバンナイトブルークリスタルメタリック]

トヨタは、新型軽自動車「ピクシス スペース(PIXIS SPACE)」を9月26日より発売した。

トヨタ車として初めて販売される軽自動車「ピクシス スペース」はダイハツ工業からのOEM車供給車で、ベースは「ムーヴ コンテ」だ。

ラインナップは、ベーシックな「L」(112.0万円/124.1万円)、上級グレードの「X」(122.0万円/134.1万円)と、ドレスアップ仕様の「カスタム X」(132.0万円/144.1万円)、「カスタム L」(142.0万円/154.1万円)「カスタム RS」(149.0万円/161.1万円)の5グレード構成[※2WD/4WD・価格は全て消費税込み]。

カスタム Lをダイハツでは「カスタム G」と呼ぶ以外、グレード構成はムーヴ コンテと同様。ソファーのような掛け心地を誇る凝ったフロントシートや、カクカク・シカジカなスクエアスタイルなど、ムーヴ コンテと変わりはない。また価格やカラーラインナップなども同一で、違いはエンブレムなどディテールのみの差異となっている。

トヨタ同様にOEM供給で軽自動車を販売する日産などは、フロントマスクをオリジナルのスタイルにしたり、オリジナルボディカラーを与えたりしてベースモデルとの差別化を図っているが、トヨタの新型軽自動車ピクシス スペースは、その点で割り切りが感じられる。

アイドリングストップ機構で25.5km/Lの低燃費を実現

ピクシス スペースに搭載されるのは、カスタム RS以外、全てノンターボのKF型660cc 3気筒エンジン。Xとカスタム Gにはアイドリングストップ機構「eco IDLE(エコアイドル)」を採用し、クラストップクラスのTNP(低燃費)、25.5km/L(2WD車・10・15モード)をマークする。なおカスタム RSには高性能なインタークーラー付きターボエンジンを搭載する。全車ともCVT[自動無段変速機]と組み合わされる。

カスタム RSを除き全車が「平成22年度燃費基準+25%」と「平成17年基準排出ガス75%レベル」を達成し、エコカー減税75%の適合車となる。

新型軽自動車 ピクシス スペースの販売は、全国のトヨタカローラ店74社とネッツ店108社、さらに軽自動車市場比率の高い地域で取り扱い希望があったトヨタ店14社とトヨペット店15社で取り扱われる。

トヨタ ピクシススペース 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ピクシススペース の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29