autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、フランクフルトショーでディーゼル電気ハイブリッドの新型クロスオーバー車「508 RXH」を発表

自動車ニュース 2011/9/8 19:13

プジョー、フランクフルトショーでディーゼル電気ハイブリッドの新型クロスオーバー車「508 RXH」を発表

プジョー 508に新たなラインナップの登場

プジョー 508 RXH[ディーゼル電気ハイブリッド]プジョー 508 RXH[ディーゼル電気ハイブリッド]

プジョーは、9月開幕のフランクフルトショーで、第三の「プジョー 508」シリーズとして、『508 RXH』を発表する。

508 RXHは、ディーゼルエンジンと電気モーターのハイブリッドシステムを搭載し、贅沢なインテリアトリムや専用ボディ色などを備えた個性的なクロスオーバースタイルを特長とする。

クロスオーバーSUV「3008 HYbrid4」に続き、第二弾となるディーゼル電気ハイブリッドシステムを搭載する508 RXH。2.0HDi FAPディーゼルエンジンと、後輪車軸上の電気モーターとの組み合わせで200bhpの出力を発揮する。

HYbrid4は「オートマチック」「ゼロ・エミッション・ビークル」「スポーツ」「4WD」の4つのモードから選択可能。複合ドライブ・サイクルで4.0リッター/100km(70.6mpg)[約25.0km/L]、CO2排出量109g/kmと優れた燃費性能を誇る。

なおフランクフルトショーでは、カーレン・ブラウンのアルカンターラ・レザーで内装をドレスアップした508 RXHのリミテッド・エディションを公開。300台にはナンバリングがされ、事前予約をオンライン上で行う。

「HX1」は4+2シーターのコンセプトカー

プジョー HX1[コンセプトカー]プジョー HX1[コンセプトカー]

フランクフルトショーでは、コンセプトカー「HX1」も世界デビューを果たす。

プジョーの新たなブランドアイデンティティで構成されたHX1。全長4.93mで車高は低く、空力に考慮したデザインとし、CD値は0.28をマークする。

室内は4+2シーターのモジュールデザインインテリアで構成される。天然素材と超ハイテク仕様を組み合わせ、エレガントさとモダンさを兼ね備えた室内空間とした。

搭載されるパワートレインは、フロントを駆動する2.2リッターHDiディーゼルエンジンと、後輪車軸に組み込まれた電気モーターとの組み合わせ。ディーゼル電気ハイブリッド・ドライブ・トレイン「HYbrid4テクノロジー」により、合計299bhpを発生させる。プラグイン機能付きで4輪駆動「100%電気」モードの航続可能距離は30km(18.6マイル)に及ぶ。燃費は3.2リッター/100km(82.2mpg)[約31.3km/L]と優秀で、CO2排出量も83g/kmに抑えた。

プジョー 508SW 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 508SW の関連記事

プジョー 508SWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 508SW の関連記事をもっと見る

プジョー 508SW の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円