autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、今秋発売予定の新型「マツダ アクセラ」生産をスタート

自動車ニュース 2011/8/8 13:27

マツダ、今秋発売予定の新型「マツダ アクセラ」生産をスタート

「SKYACTIV-G」エンジンと新世代AT「SKYACTIV-DRIVE」の初組み合わせを実現

マツダ 新型「アクセラ(Mazda 3)」北米仕様車マツダ 新型「アクセラ」用 SKYACTIV-G 2.0リッターガソリン直噴エンジンマツダ 新型「アクセラ」新開発6段ATマツダ 新型「アクセラ(Mazda 3)」北米仕様車

マツダは、新世代技術「スカイアクティブ テクノロジー」を搭載した「マツダ アクセラ」(日本仕様)のマイナーチェンジモデルの生産を、マツダ 防府工場(山口県防府市)でスタートした。発売は今秋を予定する。

アクセラ(海外名「MAZDA 3」)は、マツダの年間総販売台数の約3分の1を占める基幹モデルだ。

新型アクセラは、新開発の2.0リッター直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に加え、マニュアルトランスミッション(MT)のように、すべりを感じさせないダイレクト感を実現した新型6速AT「SKYACTIV-DRIVE」をマツダ車で初めて搭載。「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-DRIVE」の組み合わせによって、走行性能と燃費性能を大幅に進化させた。

さらに新型アクセラでは「インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)」も「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に装着する。

i-DMとは、なめらかでメリハリある運転操作と、燃費向上を促す表示やアドバイスを行い、単なるエコドライブだけでなく、スムーズで快適なドライブを促進させる機構。運転の楽しさをテーマとするマツダらしい装備と言える。これも新型デミオに次ぐ採用となる。

デミオがスカイアクティブ テクノロジーを搭載したことで、ガソリンエンジン車としては異例の低燃費、10・15モード燃費30.0km/Lを達成したように、新型アクセラについても大幅な燃費改善が見込まれるところだ。なお日本国内市場では「マツダ デミオ」に続く「スカイアクティブ テクノロジー」搭載車の第2弾となる。

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29