autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、207シリーズの装備をグレードアップ

自動車ニュース 2011/6/27 16:06

プジョー、207シリーズの装備をグレードアップ

プジョー 207 styleプジョー 207SW styleプジョー 207CC premium

プジョー・シトロエン・ジャポンは、同社のコンパクトモデル「207」シリーズにおける装備のグレードアップとモデルラインナップの見直しを行い、7月1日(金)より販売を開始すると発表した。

プジョー「207」シリーズは2007年に日本に導入され、ハッチバック、ステーションワゴンモデルの「SW」、クーペ・カブリオレモデルの「CC」と多彩なボディバリエーションを展開する、プジョーの量販モデルだ。

今回の変更は、5ドアハッチバックモデル及び「SW」を対象に実施する(「CC」はボディカラーの追加のみ)。

プジョー207の主な変更点

5ドアハッチバックモデルでは、エントリーモデルとなる「Style」に様々な装備を追加。

エクステリアでは、アルミ調のフロントグリル、フォグランプ、ボディカラー同色のクロームストリップ入りサイドモールを装備。さらに、インテリアでは「革巻きステアリングホイール」、安全性では「ESP」を搭載しながら、車両本体価格は現行モデルから据え置きとなる199万円(税込)とした。

同時に、ラインアップの見直しを行い、従来の「Premium」と「Cielo」を「Cielo」の1モデルに統一。ハッチバックのラインアップを、「Style」「Cielo」「GT」の3モデル展開としている。

新「Cielo」の室内は、ファブリックと人工皮革を組み合わせたシート素材及び、パノラミックガラスルーフを装備、車両本体価格で現行モデルより20万円安い229万円(税込)。

スポーティモデル「GT」は、ホイールデザインを変更、追加装備として革巻きスポーツステアリングホイールを設定し、価格は現行モデルより6万円安い260万円(税込)とした。

「SW」シリーズでは、新たにエントリーモデルとなる「Style」を追加、225万円(税込)という価格を設定。上級機種の「SW Premium」は、アルミ調のフロントグリル、ファブリックと人工皮革を組み合わせたシート素材を追加装備しながら、現行モデルより9万円安い245万円(税込)とした。

「GT」を除く207シリーズには、1.6リットル直列4気筒DOHCエンジン(最高出力88kW(120ps)、最大トルク160Nm(16.3kg-m)が搭載され、4速オートマチックトランスミッションが組み合わされる。

一方、スポーティモデルの「GT」は、最高出力115kW(156ps)、最大トルク240Nm(24.5kg-m)を発生する1.6リットル ツインスクロールターボエンジンを搭載。

組み合わされるトランスミッションは、6速マニュアルトランスミッションとなる。

プジョー 207 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 207 の関連記事

プジョー 207の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 207 の関連記事をもっと見る

プジョー 207 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー
    308

    新車価格

    279万円436万円