autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW、1シリーズクーペ・カブリオレのデザインと装備を変更

自動車ニュース 2011/6/20 11:35

BMW、1シリーズクーペ・カブリオレのデザインと装備を変更

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、BMW 1シリーズ クーペおよびカブリオレのデザインをさらに洗練させたBMW 新型1シリーズ クーペおよびBMW 新型1シリーズ カブリオレを、全国のBMW正規ディーラーで本日より販売を開始すると発表した。

BMWのエントリー・モデルであるBMW 1シリーズには、5ドア、クーペ、カブリオレの3モデルがあり、セグメント唯一の後輪駆動モデル。

今回、BMW 1シリーズ クーペおよびカブリオレのデザイン変更を行ない、さらに洗練されたデザインとされている。また、デザインの変更にあわせて装備内容も充実させている。

BMW 1シリーズ クーペ・カブリオレの変更点

フロントおよびリヤ ライトデザインの変更

フロントデザインは、片側2灯式のバイキセノンヘッドライトの上部に新たにLEDを使用したアクセントラインを装備し、フロントの表情に精悍さを加えている。

リヤデザインにおいては、BMW伝統のL字型はそのままに、コンビネーションライトのデザインを一新し、LEDライトエレメントが夜間でもBMWであることを主張。

エアロダイナミクス機能「エアカーテン」を採用

スポーティなデザインへと変更されたBMW 120iクーペおよびカブリオレのフロントエプロンには、BMW車として初めて「エアカーテン」というエアロダイナミクス機能を採用。

これはフロントエプロン左右両端のエアインテークから取り込まれた空気を、高速でフロントホイールアーチへと放出することで作り出される空気の流れによって、フロントホイールの側面をカーテンのように覆い、ホイール及びホイールxアーチ周辺の乱気流を抑え、空気抵抗を低減するテクノロジー。これにより、走行安定性の向上と燃料消費量の低減を可能にしている。

装備内容の変更

デザインの変更にあわせ、装備内容も充実させている。

BMW 120iクーペおよびカブリオレには、よりスポーティなシフト操作を可能にするシフトパドルを標準装備とし、要望の高いETC車載器システム(ルーム・ミラー内蔵タイプ)も標準装備。

BMW 135iクーペにはポータブルオーディオプレーヤーなどをオーディオビジュアルシステムに接続し、車内で音楽を愉しむことが可能なUSBオーディオインターフェイスを標準装備。

また、ヘッドライトウォッシャーを全車標準装備している。

BMW 新型1シリーズクーペ・カブリオレのラインナップと価格

BMW 120iクーペ/2.0リッター 直列4気筒DOHC/6速AT/3,950,000円

BMW 135iクーペ/3.0リッター 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ/6速MT/5,650,000円

BMW 135iクーペ/3.0リッター 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ/7速DCT/5,790,000円

BMW 120iカブリオレ/2.0リッター 直列4気筒DOHC/6速AT/4,590,000円

BMW 1シリーズクーペ 関連ページ

BMW 1シリーズカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 1シリーズクーペ の関連記事

BMW 1シリーズクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズクーペ の関連記事をもっと見る

BMW 1シリーズクーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17