autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル レガシィシリーズの走行性能とアイサイトを進化、およびラインナップを拡大

自動車ニュース 2011/06/14 15:08

スバル レガシィシリーズの走行性能とアイサイトを進化、およびラインナップを拡大

レガシィ アウトバック 特別仕様車 2.5i EyeSight S Package Limitedレガシィ アウトバック 特別仕様車 2.5i EyeSight S Package Limitedレガシィ アウトバック 特別仕様車 2.5i EyeSight S Package Limitedレガシィ アウトバック 特別仕様車 2.5i EyeSight S Package Limited

富士重工業は、スバルレガシィシリーズに改良を施すとともに、先進運転支援システム「アイサイト(ver.2)」を搭載したグレードを拡大展開、またアウトバックに特別仕様車を設定し、本日より発売を開始すると発表した。

追加設定グレードとして、昨年秋に発表したツーリングワゴン/B4の特別仕様車2.5i/2.5GT「EyeSight SportSelection」をベースに、仕様装備の見直しを図った2.5i/2.5GT EyeSightの「S Package」を展開。

また特別仕様車として、アウトバック「2.5i L Package」および「2.5i EyeSight」をベースに、18インチのサマータイヤやビルシュタイン製ダンパーなどを採用したアウトバック2.5i/2.5i EyeSightの「S Package Limited」を設定した。

「S Package Limited」は、200mmの最低地上高はそのままに高い操縦安定性と乗り心地を実現したモデルとなっている。

さらに、全車リヤサスペンションへのピロボールブッシュの採用など足回りを大幅に改良、直進安定性や操縦性、そして乗り心地を高次元でバランスさせた。

レガシィシリーズの主な改良内容

ラインアップの拡大

2.5i/2.5GTのSPackage(18インチタイヤ&ビルシュタイン製ダンパー)にアイサイトを組み合わせたグレード「ツーリングワゴン/B42.5i/2.5GTEyeSightSPackage」を追加設定。

走行性能の進化

リヤラテラルリンクのアウト側へのピロボールブッシュの採用や、フロントスタビライザー取り付けブッシュの硬度変更などにより、直進安定性、操縦安定性および乗り心地を向上。

さらに、ツーリングワゴン/B4のビルシュタイン製ダンパー装着車においては、フロント&リヤダンパーについて減衰力特性を最適化。

けブッシり>

ラ㡵りショにー取り付り付けブンむ2にゃナーSight様車として、アウトバッも性および乗り心ht様車t槃バッも地を绶む化