autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、911カレラ4GTSクーペとカブリオレを新たに導入

自動車ニュース 2011/5/13 13:17

ポルシェ、911カレラ4GTSクーペとカブリオレを新たに導入

ポルシェAGは、911カレラGTSのラインナップを強化すべく、新たに911カレラ4GTSクーペとカブリオレを導入すると発表した。

911カレラ4GTSクーペは、2011年7月より世界各国のマーケットにて順次導入開始される予定となっている。

この2モデルは300kW(408hp)エンジンを搭載し、ポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)で4つの駆動輪を制御する。

燃費は、これまでのカレラ4Sモデルより大幅に向上し、新ヨーロッパ走行サイクル(NEFZ)ではクーペが11.0リッター/100km、カブリオレは11.2リッター/100kmとなる。

パワーユニットはカレラSの3.8リッター6気筒エンジンをベースにしながら17kW(23hp)のパワーアップを実現し、7,300prmで最大出力300kW(408hp)を発生する。

改良したインテークシステムは最高出力の向上だけでなく、低・中回転域でのトルク特性に優れ、追い越し時の加速性能とレスポンス向上にも寄与している。

水平対向6気筒エンジンは4,200~5,600rpmの幅広い回転域で420Nmの最大トルクを生み、1,500rpmで320Nmを発揮する。

標準装備のスポーツエグゾーストシステムがニューカレラ4GTS特有のスポーティなサウンドを奏で、ブラック塗装した独特のテールパイプアウターシェルが、リアビューに独自の趣きを与えている。

0‐100km/h加速タイムは、7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)でカレラ4GTSクーペが4.4秒、カブリオレは4.6秒をマークした。

4輪駆動のニューカレラ4GTSでは、これまでの後輪駆動モデルと区別するため、異なるデザインが採用されている。

・ドアやリアフードに着くモデル名を示すロゴ、バッヂ

・テールライト間の4輪駆動モデルであることを示すリフレクターストラップなど

ポルシェ カレラGT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ カレラGT の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円