autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産自、2010年度グローバル販売が過去最高を記録

自動車ニュース 2011/5/12 17:45

日産自、2010年度グローバル販売が過去最高を記録

関連: 日産

営業利益は5,375億円を計上

日産 2010年度決算発表にてカルロス・ゴーンCEO

日産自動車は12日、2010年度(2011年3月期)決算を発表した。

日産の2010年度グローバル販売は、過去最高となった。グローバル全需が、2009年度の6,450万台から2010年度は12.6%増の7,260万台と伸び、日産の販売台数は、2009年度の351万5千台から2010年度は418万5千台と19.1%拡大。日産におけるグローバルシェアは5.8%となった。

日産は2010年度、手頃な価格でゼロ・エミッションの量産電気自動車、日産リーフをはじめ、ジューク、エルグランド、セレナ、モコ、インフィニティQX、クエスト、ムラーノ クロスカブリオレ、小型商用車のNVシリーズ、サニーの10車種を新たに投入。

社長のカルロスゴーンは、

「2010年度は記録的な販売と成長の一年であった。リカバリー活動が功を奏し、革新的な100%電気自動車『日産リーフ』に代表されるように、下期に発売した新型車が世界の主要市場でブランド力の向上や競争力の強化に寄与した」

と述べた。

日本の販売台数は4.7%減の60万台となったものの、欧州は19.3%増の60万7千台、北米が16.6%増の124万5千台、さらに中国の販売台数は、35.5%増の102万4千台と過去最高に達したという。

また、震災の影響についてカルロスゴーンは、

「3月11日に日本で発生した大地震は、当社事業に大きな影響を及ぼしたものの、日産は改めてその危機対応能力の高さを証明した。当社はこれまでも、長期的に重要な戦略を継続しながら、短期間で業績を回復させた実績があり、その経験が私たちの競争力をいっそう高めている。今後も地震の影響は続くものの、当社は確実に回復を遂げられるだろう」

と述べた。

<2010年度連結決算>

売上高:8兆7,731億円

営業利益:5,375億円

経常利益:5,378億円

当期純利益:3,192億円

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19