autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自動車工業 2010年度決算発表

自動車ニュース 2011/4/27 19:08

三菱自動車工業 2010年度決算発表

関連: 三菱

三菱自動車工業 2010年度決算発表

三菱

三菱自動車は本日、2010年度(2011年3月期)決算を発表した。内容は以下の通り。

●【2010年度決算】

(1)業績概況

2010年度(2010年4月1日~2011年3月31日)の売上高は、新興国を中心とした市場の伸長や新型車投入効果などにより販売台数が増加したことで、前年度比3,829億円(26%)増の1兆8,285億円となった。

営業利益については、販売台数の増加に資材費等のコスト低減効果なども加わった結果、円高の影響は受けたものの前年度比264億円(189%)増の403億円となった。

また、経常利益は前年度比259億円(200%)増の389億円、当期利益は同108億円(228%)増の156億円となった。

(2)販売台数

2010年度の販売台数は、前年度比145千台(15%)増の1,105千台となった。日本では、エコカー補助金制度が2010年9月をもって終了した反動による需要減少に東日本大震災の影響も加わり、前年度を7千台(4%)下回る164千台となった。

北米は、カナダ及びメキシコは振るわなかったものの、総需要が回復傾向を示す米国で、10月に発売した『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)の投入効果もあり販売が増加、地域全体としては前年度比6千台(7%)増の94千台となった。

欧州は、6月から順次発売した『ASX』(日本名:『RVR』)の販売が好調に推移したほか、『アウトランダー』の現地生産を開始したロシアの販売増などもあり、前年度比49千台(29%)増の218千台となった。

アジア及びその他の地域については、総需要の増加が続く中国に加え、タイ・インドネシア・フィリピン・マレーシアのアセアン主要各国や、中南米最大市場のブラジルなどでそれぞれ販売が大きく伸長し、前年度比97千台(18%)増の629千台となった。

●【2011年度業績見通し】

2011年度(2011年4月1日~2012年3月31日)の業績見通しについては、東日本大震災の影響により安定的な生産が困難な取引先部品メーカーの復旧状況など、当社の生産に影響を及ぼす不透明な外的要因が存在し、現時点においてその合理的な算定を行うことが困難であることから、今後、その開示が可能となった時点で速やかに開示を行うこととした。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 の関連記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20