autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース シムドライブが先行開発した電気自動車の航続距離が333kmを達成

自動車ニュース 2011/3/29 18:16

シムドライブが先行開発した電気自動車の航続距離が333kmを達成

シムドライブが開発した「シム・レイ(SIM-LEI)」シムドライブが開発した「シム・レイ(SIM-LEI)」シムドライブが開発した「シム・レイ(SIM-LEI)」

株式会社シムドライブ(SIM-Drive)は、2010年1月19日~2011年3月31日までの期間に開発をしてきた電気自動車が完成したと発表した。

同車輌はニックネームとして「シム・レイ(SIM-LEI)」と名付けられている。LEIはLeading Efficiency In-wheel motorの頭字語となる。

シム・レイは、現在の電気自動車で普及上、最も大きな問題とされている航続距離を300km以上とすることを目標とされてきた。

完成した車輌の試験の結果、JC08モード(日本における標準的な市街地走行モード)において、333kmの性能を得ることができたという。

同性能を出すための電池の容量は24.9kWhと、既に市販されている電気自動車の電池容量とほぼ同じ。

この性能の実現には、インホイールモータ、及びコンポーネントビルトイン式フレームに代表される、同社のオリジナル技術が基盤になっている。

これに加え、オール鋼鉄製モノコックボディーによる車体の軽量化、高パワー密度電池の利用による回生エネルギーの高効率回収、超低転がり摩擦抗タイヤによる転がり摩擦の低減、超低空気抵抗ボディーによる空気抵抗低減の効果が大きな役割を果たしたという。

同社では、「SIM-LEI」は長距離走行が可能であることと、エネルギー消費率が極めて良好であり、夜間に充電を行うことを前提とすれば、たとえ日本のすべての車が電気自動車に変ったとしても、発電所の増設は不要としている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!