autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン 東北地方太平洋沖地震による当社工場の復旧見通しについて

自動車ニュース 2011/3/16 13:35

ブリヂストン 東北地方太平洋沖地震による当社工場の復旧見通しについて

ブリヂストン 東北地方太平洋沖地震による同社工場の復旧見通しについて

ブリヂストン

株式会社ブリヂストン(社長 荒川詔四)は、被災した同社工場の復旧見通しについて、下記の予定を発表した。

1.関東以北にある当社工場:( 栃木工場、那須工場、黒磯工場、東京工場、横浜工場)

2.生産復旧に関する考え方

(1)各工場とも甚大な被災はないものの、一部設備等に損傷を確認。今後は余震の続く中、安全確保を第一に復旧業務に取り組む。

(2)生産立ち上げに際しては、地震被災地の復興に必要な資材である生産財のトラック・バス用ラジアルタイヤ(以下、TBR)を優先してて生産する。

(3)計画停電に対して適切に協力すると発表。生産への影響を最低限に抑えるため、各工場に設置されているコ・ジェネレーションシステムを最大活用する。

3.工場の復旧見通しTBR優先といった生産品目が限定になるなど制約があるが、下記スケジュールにて生産立ち上げを進めていく。

(1)栃木工場:3月16日(水)より稼働。3月18日(金)以降の出荷を検討中。

(2)那須工場:3月16日(水)より稼働。3月18日(金)以降の出荷を検討中。

(3)黒磯工場:3月16日(水)より稼働。

(4)東京工場:3月15日(火)より稼働。3月16日(水)以降の出荷を検討中。

(5)横浜工場:既に一部生産を再開。余震や計画停電の状況を踏まえながら順次生産を拡大予定。

4.緊急対策室の設置においては、今回の計画停電への対応など、同社グループを挙げての緊急対応を進めるため、3月14日(月)に緊急事態対策室(室長:CRO*1津谷正明)を設置したと発表した。

*1 Chief Risk-Management Officer(チーフ・リスク・マネジメント・オフィサー)

株式会社ブリヂストンhttp://www.bridgestone.co.jp/

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!