autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フィアット、ジュネーブモーターショーで「500クーペ ザガート」を発表

自動車ニュース 2011/3/7 16:23

フィアット、ジュネーブモーターショーで「500クーペ ザガート」を発表

フィアットはジュネーブモーターショー2011において、世界的に知られるカロッツェリア『ザガート』とフィアット グループ オートモビルズ チェントロ スティーレが協力してデザインしたコンセプトカー「500クーペ ザガート」を発表した。

フィアットのブースに展示されるこのプロトタイプは、曲線を多用しながら、きわめてスポーティかつコンテポラリーな形状が際立っている。

このデザインは、500のシャーシをベースにイタリアの名門カロッツェリア、ザガートが製作した1950年の同名のモデルをヒントに開発。

しかし、当時のザガートがベースモデルのエクステリアを全く変えてしまったのに対し、今回の「500クーペ ザガート」は、もともとクーペに近いフィアット500のシルエットを生かし、これにいっそう強烈な魅力を与えた。

加えて、独自の形を持つルーフにザガート伝統の「ダブルハンプ」デザインを採用。車高を下げながらも、室内の快適さを保っている。

今回のコンセプトカーも歴史に名を刻んだ多くのカスタムビルトモデルと同様、クラシックな「2+2シーター」レイアウトを採用することで、全長355cm、全幅163cm、全高149cm、ホイールベース230cmと、ベースモデルのコンパクトさを維持している。

ボンネットの下には、500の「走る楽しみ」を最大限に高めながら、ダウンサイジングの思想により燃費・排出ガスの大幅削減とすぐれた性能を同時に実現した革命的なツインエア 105psエンジンを搭載している。

この目標を達成するため、エンジンには特殊な「ターボマッチング」(エンジンとターボチャージャーのカップリング)を採用した。

フィアットグループのモデルには今回が初めての採用となる105ps ツインエア エンジンは、155Nm(2,500rpm)の高トルクと、世界記録となった最高出力(105PS/5,500rpm)からも明らかなとおり、スポーティなコンパクトカーに最適なパワープラントとなっている。

さらに、排気量1リットル当たりの出力も124PS/Lと世界トップレベルを達成しているという。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット の関連記事

フィアットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット の関連記事をもっと見る

フィアット の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22