autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アルファロメオ、新型コンセプトカー「4Cコンセプト」を発表 -2012年に市販化目指す-

自動車ニュース 2011/3/7 15:56

アルファロメオ、新型コンセプトカー「4Cコンセプト」を発表 -2012年に市販化目指す-

アルファロメオはジュネーブモーターショーにおいて、スポーツカーの真のエッセンスを体現した「アルファロメオ 4Cコンセプト」を発表した。

アルファロメオ 4Cコンセプトは、ミッドシップ2シーター後輪駆動クーペというクラシックな手法を踏襲し、全長約4m、ホイールベース2.4m以下のサイズにより、コンパクトさと俊敏な走りを強調している。優美で清潔感のあるラインが際立つエクステリアと同様に、室内にもすぐれたスポーツ性を率直に表現する機能・装備を採用。

また、8Cコンペティツィオーネの技術や素材(カーボン、アルミニウム、後輪駆動)と、現在販売中のアルファロメオモデルに導入している「アルファTCT」などの技術を搭載している。

「アルファロメオ 8Cコンペティツィオーネ」および「8C スパイダー」で得たノウハウから生まれた「4Cコンセプト」は、2つのベースモデルと同じく後輪駆動を採用していることはもちろん、最大限の走りの楽しみを実現するという基本思想や、アルファロメオならではのすぐれたハンドリングを、カーボンの多用による軽量化の手法により達成。

カーボンはさらに構造面でも効果を発揮し、4kg/ps以下というパワーウェイトレシオにより類まれな俊敏性が実現されている。

シャーシが支える2人乗りのボディは100%カーボン製とし、リアフレーム構造とクラッシュボックスにはアルミニウムを多用することで、車重850kg以下と大幅な軽量化を達成したほか、重心位置を改善することにより、きわめて条件の厳しい道路においても俊敏性とドライバビリティが高められている。

さらに、同社ではこの「4Cコンセプト」を単なるモーターショー向けのスタイリングコンセプトカーではなく、実際にアルファ ロメオの世界的成長に寄与するモデルとして、2012年には発売を予定しているとのことだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!