autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自、新型車「デリカ D:2」発売

自動車ニュース 2011/2/24 15:12

三菱自、新型車「デリカ D:2」発売

関連: 三菱

三菱自動車は、コンパクトボディで広い室内空間、後席両側スライドドアや多彩なシートアレンジなど便利な機能を満載したコンパクトミニバン「デリカ D:2」を、2011年3月10日(木)から全国の系列販売会社より発売すると発表した。

デリカ D:2は、1.2Lの低燃費エンジンを搭載し、全車がエコカー減税(75%軽減)に適合。「広い」「便利」「エコ」を主な商品特長とし、同社の多機能ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデルとして位置付け、多人数乗車が可能な「デリカ D:5」と併せて三菱自動車のミニバンシリーズとしてラインナップする。

なお、「デリカ D:2」はスズキ株式会社よりOEM供給を受けるモデルである。

デリカ D:2の主な特長

広い

・全長3,710mm×全幅1,620mmのコンパクトなボディながら、全高を1,765mmとすることで、本格的なミニバン「デリカ D:5」を超える室内高1,345mm(「デリカ D:5」は1,310mm)とし、2,130mm(「G」グレード)の室内長と併せて、広々とした室内空間を実現。

・低床フラットフロアと前後席間のウォークスルーにより、前後左右に移動が可能な「Hウォークスルー」を実現。

便利

・狭い場所でも乗り降りや荷物の出し入れが容易な「後席両側スライドドア」を採用。(「S」グレードは両側電動、「X」「G」グレードは左側のみ電動)

・リヤシートには165mmの左右独立スライド機構や、ワンタッチで楽々とリヤシートバックを倒して荷室を拡大できるワンタッチフォールディング機構(「G」グレードを除く)などを採用し、多彩なシートアレンジを実現。居住空間と荷室空間を自在にアレンジし、フラットシートでくつろぐことも、長尺物や自転車などを積載することも可能とした。

・助手席シートアンダーボックスやラゲッジアンダーボックス、助手席アッパーボックス(保冷機能付)など豊富な収納スペースを用意した。

エコ

・1.2L DOHC16バルブ(可変バルブタイミング機構付き)と動力伝達効率に優れるCVTを組み合わせて採用、さらに、軽量なボディ(「G」グレードの2WD車で1,000kg)とすることで、コンパクトクラスのミニバンではトップレベルの低燃費22.5km/L(「G」グレードの10・15モード燃料消費率)を実現。全車でエコカー減税75%に適合した。

デリカ D:2の主なグレード

「G」(2WD)

エンジンスイッチ&キーレススタートシステムやイモビライザーなどの上級装備を搭載

「X」(2WD、4WD)

「G」グレードに対し、運転席&助手席SRSサイドエアバッグやオートエアコン、アルミホイールなどを追加装備

「S」(2WD、4WD)

「X」グレードに対し、後席両側電動スライドドアやディスチャージヘッドライト、フロントフォグランプなどを追加装備以上、全3グレードをラインアップした。

デリカ D:2のカラーリング展開

・パールホワイト(有料色:21,000円)、ブルーイッシュブラックパール、クラッシーレッドパール、アーバンブラウンパールメタリック、グレースブルーパールメタリック、メロウブロンズパールメタリックの全6色を展開

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 の関連記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20