autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ、CLSクラスをフルモデルチェンジ

自動車ニュース 2011/2/18 19:20

メルセデス・ベンツ、CLSクラスをフルモデルチェンジ

メルセデス・ベンツ 新型CLSクラス

メルセデス・ベンツ日本は、 4ドアでありながらクーペを彷彿させるエレガントかつスポーティなスタイリングに、セダンの快適性、実用性を高次元で融合させた「CLSクラス」を6年ぶりにフルモデルチェンジしたと発表した。

新型CLSクラスは、新開発3.5リッター直噴V型6気筒エンジン搭載の「CLS350 Blue EFFICIENCY」、ならびにAMGによる新開発5.5リッター直噴V型8気筒エンジン搭載のハイパフォーマンスモデル「CLS63AMG」の2種類で、本日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて発売を開始する。

新型CLSは、4ドアクーペならではの優雅なフォルムを継承しながらも、マッシブで精悍な雰囲気をもたらすボディラインや、革新的なLEDハイパフォーマンスヘッドライト、LEDを多用した独創的なテールランプにより、メルセデスの次世代のデザインアイコンとなる洗練されたダイナミックなスタイリングへと生まれ変わった。

インテリアは、ラップアラウンドデザインによる4座独立タイプのシートや随所に用いた最高級素材の高品位な風合いと質感が、ラグジュアリークーペにふさわしい贅沢な空間を演出している。

CLS350BlueEFFICIENCYに搭載の新開発3.5リッターV型6気筒直噴エンジンは、高噴射圧のピエゾインジェクターによりリーンバーン(希薄燃焼)を可能とした最先端技術BlueDIRECTテクノロジーやECOスタート/ストップ機能(アイドリングストップ機能)を採用し、最高出力306PS(従来比+34PS)、最大トルク370Nm(従来比+20Nm)のすぐれた動力性能を実現しながらも、大幅な燃費経済性の向上を実現。

ハイパフォーマンスモデルCLS63AMGには、AMGによる新開発5.5リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載し、排気量のダウンサイジングを図りながらも、最高出力525PS(従来比+11PS)、最大トルク700Nm(従来比+70Nm)の圧倒的な動力性能を実現。

また従来のトルクコンバーターに代え湿式多板クラッチを用いた革新のトランスミッション「AMGスピードシフトMCT」(電子制御式7速トランスミッション)や、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)により燃費経済性の大幅な改善を図っている。

安全装備については、夜間走行時にウインドスクリーンに設置したカメラが対向車や先行車を検知しヘッドライトの照射角を自動的かつ連続的に調整するアダプティブハイビームアシスト、ドライバーの運転特性を解析し、長時間走行時にドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促すアテンションアシストを標準装備。

オプション装備として、夜間走行時に赤外線カメラを用いて車両前方90mまでの範囲の画像をコマンドディスプレイに映し出すナイトビューアシストプラス(歩行者検知機能付)や、ウインドスクリーン内のカメラがドライバーの不注意による車線逸脱を検知しドライバーに警告を促すとともに、ブレーキを利用して車両を元の車線内に戻すサポートを行なうレーンキーピングアシストを設定した。

さらに、乗員保護機能として、ドライバーの身体が前方へ移動することを防ぐSRSニーバッグや側面衝突時に前席乗員の腰部へのダメージを軽減するSRSぺルビスバッグをはじめ、合計11箇所のエアバッグを装備している。

メルセデス・ベンツ CLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ CLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    1,128万円2,442.2万円