autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ、新型S60に続き人を検知するHUMAN SAFETYを各車に採用

自動車ニュース 2011/2/7 15:50

ボルボ、新型S60に続き人を検知するHUMAN SAFETYを各車に採用

関連: ボルボ
ボルボ

ボルボ・カーズ・ジャパンは、V70シリーズおよびS80シリーズ、XC60シリーズ、XC70シリーズの仕様を変更したと発表した。

新モデルの特長は歩行者との衝突を事前に回避するHUMAN SAFETYをはじめとした安全性能の飛躍的な進化。

そして、ボルボの環境戦略に基づく新パワートレインを採用し、ボルボ2車種目となるエコカー減税対象車をラインナップしたことだ。

4シリーズ全9車種のNewモデルを2月11日より全国のボルボ・ディーラーで販売を開始する。

HUMANSAFETY(ヒューマン・セーフティ)

このシステムは車両が追突しそうな状況を検知し、警告し、自動的にブレーキをかける追突警告機能付オートブレーキを発展させたものであり、前方の車両だけでなく、身長80cm以上の歩行者を検知し、衝突事故を回避・軽減する。

車両のグリル部に設置されたレーダーが前方の物体を検知し、バックミラー前方に設置されたデジタルカメラがその物体の種別を特定。「人」と特定され、危険な状況と察知した場合に警告を発する。

さらに、ドライバーの反応が間に合わなければ、システムが自動的にフルブレーキをかけて車を停止または減速。これによって、時速35km以下での走行時に歩行者との衝突を可能な限り回避する。

また時速35km以上での走行時も、衝突時の速度を最大限に減速し、衝突エネルギーを軽減する。

2つの新パワートレインを採用

1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジン

新開発1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載した「V70DRIVe」。最先端の直噴テクノロジーによってダウンサイズしたエンジンは、6速デュアルクラッチ・トランスミッション(パワーシフト・トランスミッション)、ブレーキエネルギー回生システムなどと相まって、燃費12.2km/l(10・15モード)を実現。「V70DRIVe」はその環境性能から新型S60に続き、ボルボ2車種目のエコカー減税対象車となっている。

2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン

「V70T5SE」、「S80T5SE」には初採用となる新型2.0リッター4気筒直噴ターボエンジンを搭載。独自の直噴テクノロジーと特許取得の鋼板製タービンハウジング一体型マニホールドにより、最高出力240ps、1,800rpmの低回転域から最大トルク32.6kgmを発生する。

「V70T5SE」、「S80T5SE」ともに従来型2.5TLE/2.5TSEの2.5Tエンジンと比較すると最高出力は9馬力アップ。燃費は約14%向上し、10.8km/l(10・15モード)に。CO2排出量を約12%削減する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ の関連記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連記事をもっと見る

ボルボ の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円