autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 驚愕!リッター100km/L超が現実に!VWの「フォーミュラXL1」

自動車ニュース 2011/1/26 15:04

驚愕!リッター100km/L超が現実に!VWの「フォーミュラXL1」

スーパー低燃費!!夢のリッター100km/Lの世界が現実に

カタール モーターショー(1 月26~29 日)で世界初公開

生産モデルに近い仕上がりを見せる2 人乗り「1 リッターカー」

「モビリティの未来」は、今日もっとも想像力を刺激するテーマのひとつだ。なかでも注目されているのが、 「効率化に関するあらゆる策を講じた場合、クルマのエネルギー消費量はどこまで削減できるのか?」という疑問だろう。ここにひとつの答えがある。フォルクスワーゲンはその答えを、ニューXL1という形で人々に提示している。欧州複合モードでの燃料消費量は0.9 リットル/100km。電気モーターと内燃機関によって走るハイブリッドカーで、これほど燃費に優れたモデルは他に存在しない。このXL1 は、カター ル モーターショー(1 月26 日~29 日)で世界初公開される。

XL1 は、そのコンセプトにおいて、フォルクスワーゲンの1 リッターカー戦略の第3 ステージに相当する。 21 世紀の初頭に、現フォルクスワーゲンAGの監査役会会長を務めるDr. フェルディナンド ピエヒ(当時フ ォルクスワーゲン グループ会長)が、日常的に使えて、かつ100km 走行あたり1 リットルの燃料しか消費しないクルマを、生産モデルとして市場投入するという構想を打ち出した。新しいXL1 においてフォルク スワーゲンは、その実現が近い将来に迫っていることを明らかにしている。

フォルクスワーゲンが新しく発表したXL1 は、1km 走行あたり24g というCO2 排出量を達成している。これは、①軽量設計(カーボンファイバー製のモノコックおよびボディパーツ)、②きわめて低い空気抵抗(Cd =0.186)、そして③35kW/48PS を発生する2 気筒TDI(直噴ターボディーゼル)エンジン、電気モーター、 7 速DSG およびリチウムイオンバッテリーから成るプラグイン ハイブリッド システムの組み合わせにより実現したものだ。結果として、100km 走行あたりわずか0.9 リットルの燃料消費量と、24g/km のCO2 排 出量を達成した。プラグイン ハイブリッド車であるXL1 はまた、最長35km の距離を純粋なEV モード で走行でき、その場合のエミッションはゼロになる。バッテリーは、一般的な家庭用電源からも充電可能で、当然のことながら、減速時にはできる限りエネルギーを回収して、再利用するためにバッテリーを充電るす。その際、電気モーターは発電機として機能する。

極めて高い効率を追求したにもかかわらず、XL1 の開発者は、毎日の走行にも使いやすいボディレイアウトを設計することにも成功した。2 つのシートは、2002 年に発表した1 リッターカーの最初のプロトタイプや、2009 年発表のL1 のように前後に配置するのではなく、左右に配置されていて、また、ウイングドアの採用により、乗り降りも容易になっている。さらなる革新技術は、F1 マシンのように、ボディをカーボンファ イバー(炭素繊維)強化プラスチック(CFRP)で製作していることだろう。この面でフォルクスワーゲンは、製造コストの大胆な削減に成功した。これは、XL1 量産化への扉を開く快挙といえるだろう。この背景には、フォルクスワーゲンがサプライヤーと協力して、aRTM(アドバンスド レジン トランスファー モール ディング)プロセスという名で知られるCFRP 生産の新たな方法を開発し、特許を得たという事実が挙げられる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円