autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱ふそうとメルセデス・ベンツ日本、「エコプロダクツ2010」に共同出展

自動車ニュース 2010/12/9 10:43

三菱ふそうとメルセデス・ベンツ日本、「エコプロダクツ2010」に共同出展

三菱ふそうとメルセデス・ベンツ日本は、2010年12月9日(木)~11日(土)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2010」に共同で出展する。

日本におけるダイムラーグループのMFTBCとMBJが共同でイベントに参加するのは今回が初めてとなる。

共同ブースでは「環境性能」「経済性能」「安全性能+α」をコンセプトに新たに開発し11月にフルモデルチェンジした小型トラック「新型キャンター」と、10月から実証テストを開始しているマイクロコンパクトカー「スマート電気自動車」を展示し、日本におけるダイムラーグループの最新の環境技術に関する取り組みを紹介。

新型キャンターは、世界で最も厳しいとされるポスト新長期排出ガス規制(平成22年規制)に小型トラックとして適合した初のフルモデルチェンジであり、さらに全モデルでNOx、PMを、規制値より30%低減するなど極めてクリーンな排出ガスを実現した。

また、全車で平成27年度重量車燃費基準を 2~7%オーバー達成するなど、クラストップの低燃費も実現している。

スマート電気自動車は、2012年以降に予定している市販に備え、日本特有の気候や道路条件下において実際の車両を用いて様々な走行データを収集・検証する実証テストを10月から欧州の自動車会社として初めて国内で開始している。

なお、ブースでの展示のほかに、会場内のエコカー乗車体験コーナーでは、「新型キャンター」ならびに「スマート電気自動車」の同乗試乗を行い、ダイムラーグループの環境技術を体感することができる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!