autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォード、新型マスタングを発売 -新開発エンジン・トランスミッション搭載-

自動車ニュース 2010/10/26 17:02

フォード、新型マスタングを発売 -新開発エンジン・トランスミッション搭載-

フォード マスタング V8 GTクーペ プレミアム

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォード 新型マスタングを10月25日(月)より全国のフォード販売会社を通じて発売したと発表した。

新型マスタングは、パワートレインを一新し大幅なパワーアップを実現、そのエキサイティングなドライビングパフォーマンスにさらに磨きをかけている。

V8モデルはこれまでの4.6L V8 SOHCエンジンから、新設計の5.0L DOHCエンジンを搭載、V6モデルも、これまでの4.0L SOHCエンジンに代えて、3.7L V6 DOHCエンジンを新たに搭載。

両エンジンともに、エンジンパフォーマンスの向上と燃費改善を可能とするTi-VCT※(吸排気独立可変バルブタイミング機構)を採用し、V8モデルは最高出力418ps、V6モデルは309psを実現している。

さらに、新たに6速オートマチックトランスミッションを採用し、パワーステアリングはこれまでの油圧式からエンジン駆動の負荷を低減する電動パワーアシスト式(EPAS)としたことにより、ドライビングパフォーマンスを向上させるとともに燃費の向上も実現している。

またエンジンのパワーアップに伴い、ボディ剛性を向上させたほか、ブレーキディスクローターの大径化やスタビライザー径の拡大などのチューニングが施され、V8 GTモデルのエンジンルームにはタワーバーを標準装備とした。

これまで同様、フォード独自の車両定化装置アドバンストラックも装備しており、ドライバーは従来モデル以上に最新の技術によって高い安全性を確保しながら、よりダイナミックでエキサイティングな走りを楽しめるようになっている。

フォード 新型マスタングの主な変更点

パワートレインを一新し大幅な出力向上と燃費改善

・GTモデルに新設計のV8 5.0L DOHCエンジンを搭載

・V6モデルに新設計のV6 3.7L DOHCエンジンを搭載

・Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)を採用

・5速ATから新設計の6速ATを採用

・パワーステアリングを油圧式から「EPAS(電動パワーアシスト式)」に変更

・全モデルにコールドエアインダクションを採用 ※前モデルはGTのみ

・全モデルにデュアルエグゾーストパイプを採用 ※前モデルはGTのみ

パフォーマンスアップに伴うボディ剛性とシャシー性能の強化

・ブレーキディスクローターの大径化

・スタビライザーの大径化

・ダンパー、スタビライザーブッシュのチューニング変更

・GTの全モデルにストラットタワーバーを採用 ※前モデルはGTコンバーチブルのみ

エクステリアもよりスポーティに演出

・GTモデルに19インチのタイヤ&アルミホイールを採用 ※前モデルは18インチ

・V6モデルに18インチのタイヤ&アルミホイールを採用 ※前モデルは17インチ

・V6モデルにリアスポイラーを標準装備

フォード マスタング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース