autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、フーガハイブリッド発売

自動車ニュース 2010/10/26 10:09

日産、フーガハイブリッド発売

日産 フーガハイブリッド

日産は、フーガ ハイブリッドを11月2日より全国一斉に発売すると発表した。

フーガは、2009年11月のフルモデルチェンジ以来、躍動感あるデザイン、広く快適な室内空間、軽快な走りを実現する装備・技術が、ユーザーから評価されている日産の主力セダン。

今回発売する「フーガ ハイブリッド」は、日産の環境技術を結集した独自の1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステム「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」を採用、19.0km/L(10・15モード)というコンパクトカー並みの低燃費とダイレクト感のある爽快な走りを実現した。

「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」は、駆動と発電を1つのモーターで行い、エンジンとモーターをトルクコンバーターを介さずにトランスミッションに直接接続する、軽量で高効率なハイブリッドシステム。

本システムは、2つあるクラッチの1つでモーターとエンジンを完全に切り離して、エンジンを停止させた静かで効率の良いモーター走行(EVモード)を可能にした。

このEVモードでの走行を、高速走行を含む運転領域まで拡大し、かつモーター走行を積極的に行うことで、クラストップの低燃費を達成している。

フーガ ハイブリッドは、「平成22年度燃費基準+25%」を達成し、国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、「環境対応車普及促進税制」による減税措置では、次世代自動車として自動車取得税と自動車重量税が免税となる。

日産は2010年度より、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」を二本柱として、CO2削減をスピーディかつ効果的に進めている。

PURE DRIVEとは、現在広く普及しているエンジン車に最適な次世代環境技術(アイドリングストップ、クリーンディーゼル、ハイブリッドなど)を搭載したエンジン進化型エコカーで、クラストップレベルの低燃費を実現する。

フーガ ハイブリッドは、日産独自のハイブリッドシステムを搭載した「PURE DRIVE」第3弾である。

フーガハイブリッドの主な仕様

エンジン+モーター:VQ35HR + HM34

ミッション:マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッション

駆動方式:2WD

燃費:19.0km/L(10・15モード燃費)

主要燃費向上対策:ハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、 可変バルブタイミング、電動油圧式電子制御パワーステアリング

最高出力(エンジン):225kW(306PS)/6800rpm

最大トルク(エンジン):350N・m(35.7kgf・m)/5000rpm

最高出力(モーター)50kW(68PS)

最大トルク(モーター):270N・m(27.5kgf・m)

価格:

(フーガ ハイブリッド)5,775,000円

(フーガ ハイブリッド VIPパッケージ)6,300,000円

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21