autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自、ヤマト運輸と共同で商用EVの試験走行を開始

自動車ニュース 2010/10/14 10:47

三菱自、ヤマト運輸と共同で商用EVの試験走行を開始

関連: 三菱

三菱自動車工業株式会社は、同社が試作した軽商用電気自動車(以下軽商用EV)を活用し、ヤマト運輸株式会社と共同で集配実証走行試験を開始することを発表した。

ヤマト運輸は約4万5千台の車両を有しており、環境に配慮した次世代車両を積極的に導入することによって、低炭素社会の実現に貢献したいと考えている(2010年3月末現在の低公害車数11,538台、内ハイブリッド車数 4,659台)。

一方、三菱自動車は、昨年7月から電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を市場投入し、本年4月からは個人向け販売も開始。

EVは、走行中のCO2排出がゼロであるため「大気汚染」「地球温暖化」「脱石油」に対応可能とし、今後、乗用車と比べて1台あたりのライフトータルでの走行距離が長い商用車をEVラインナップに加えることで、低炭素社会の早期実現を目指す。

実証実験の内容

三菱自動車の軽商用ガソリンバン「ミニキャブバン」をベースに、『i-MiEV』に搭載しているEV専用コンポーネント(駆動用バッテリー・モーターなど)を組み込んだ試験車を、実際の集配業務用車に使用。走行データを収集・分析することで、実用性を確認する。

【実証走行試験開始日】平成22年10月15日

【導入地域】東京都大田区(ヤマト運輸 東糀谷1丁目センター)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 の関連記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24