autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、ゴルフ&ゴルフ ヴァリアントのエコカー減税対象車を拡大

自動車ニュース 2010/9/16 11:26

フォルクスワーゲン、ゴルフ&ゴルフ ヴァリアントのエコカー減税対象車を拡大

フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲンは、「ゴルフTSI ハイライン」と「ゴルフ ヴァリアントTSI コンフォートライン」に搭載する1.4リッター TSI ツインチャージャーエンジンを平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)に改良し、本日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売を開始する。

「ゴルフTSI ハイライン」と「ゴルフ ヴァリアントTSI コンフォートライン」が搭載する1.4 リッター TSI ツインチャージャーエンジンは、今回新たに平成17 年排出ガス基準75%低減レベル(4 つ星)をクリアする国内向けの改良を実施した結果、自動車取得税及び自動車重量税が50%減税されるエコカー減税の適用対象車両とった。今回の変更に伴い、燃費は10・15 モードで16.0km/リッターとなる。

減税額は「ゴルフTSI ハイライン」の場合で90,000 円、「ゴルフ ヴァリアントTSI コンフォートライン」の場合で92,100円となり、フォルクスワーゲンのエコカー減税対象は、全4 モデル、9 グレードとなった。

これらモデルを含むフォルクスワーゲンのエコカー減税対象モデルを9月中に成約し、11月末までに登録した場合、フォルクスワーゲンが独自に実施しているオリジナル購入補助金の対象となり、さらに10万円がサポートされる。

価格は「ゴルフTSI ハイライン」が315 万円、「ゴルフ ヴァリアントTSI コンフォートライン」が325 万円(全て税込)といずれのモデルも従来型から3万円の価格アップに抑えられている。

フォルクスワーゲンが推進するダウンサイジングエンジン「TSI」と高効率なトランスミッション「DSG」を組み合わせた各モデルは従来から性能と燃費効率に優れるパワートレインとして注目されてきた。そして国内の排ガス基準低減レベル(4 つ星)をクリアするECU プログラムの改良等により、本年2 月のゴルフ、ゴルフヴァリアントの1.4 リッター TSI シングルチャージャーエンジン搭載モデルを皮切りに、1.2リッター TSI シングルチャージャーエンジン搭載のポロやゴルフもエコカー減税の対象となり、8 月度単月におけるフォルクスワーゲンのエコカー減税対象モデルの販売比率は78%となった。

フォルクスワーゲンは今回、エコカー減税対応モデルにより高性能な1.4 リッター TSI ツインチャージャーエンジン(160 馬力、240Nm)を搭載するゴルフ、ゴルフ ヴァリアントやシロッコまでラインアップに加わることによって、エコカー減税対象モデルの販売比率は今後更に高まる見込みとしている。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円