autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、豪州製エンジンをアセアン地域へ供給

自動車ニュース 2010/9/10 09:14

トヨタ、豪州製エンジンをアセアン地域へ供給

関連: トヨタ

トヨタは、豪州における製造・販売拠点であるトヨタ・モーター・コーポレーション・オーストラリア(Toyota Motor Corporation Australia Ltd. 以下、TMCA)で、2012年を目処に新型ガソリンエンジンを生産することを決定した。併せてアセアン地域に向けて供給を開始し、同地域で生産するカムリやカムリHVに搭載する。

TMCAは豪州におけるトヨタの車両製造・販売拠点として1959年に設立され、1963年に車両生産を開始、2004年には生産累計台数200万台を達成した。また、1996年中近東への輸出を開始、以来輸出台数を拡大し生産台数の約7割を輸出し、中近東・オセアニア地域の生産・輸出拠点となっている。

トヨタは1960年代にアセアン地域へ進出し、これまでアセアン域内での部品相互補完に取り組んできた。今回の決定は、新たに豪州をアセアン地域でのエンジン相互補完体制の供給拠点のひとつに加えることで、アジア・太平洋地域の生産・供給体制をより効率的かつ強固なものにすることを狙いとしている。

トヨタは今後も、アジア・太平洋地域において最適な生産・供給体制を構築することにより同地域の自動車産業の発展、雇用に貢献していくとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18