autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ 911 GT3 Rハイブリッドが米国と中国でレース参戦

自動車ニュース 2010/7/22 15:37

ポルシェ 911 GT3 Rハイブリッドが米国と中国でレース参戦

ポルシェ911 GT3 Rハイブリッド

ポルシェは、ポルシェ911 GT3 Rハイブリッドが米国と中国でレース参戦することを発表した。

ポルシェ911 GT3 Rハイブリッドは、先日のニュルブルクリンク24時間レースにおいて22時間15分にわたり革新的なテクノロジーのポテンシャルを証明しただけでなく、うち8時間はレースをリードしていた。

ポルシェ911 GT3 Rハイブリッドは、世界最速のスポーツカーが参戦するアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のシーズン最終戦であり「プチ・ル・マン」と呼ばれるロードアトランタ戦に招かれた。このレースは1,000マイルまたは最長10時間で競われる。ALMSのGTレギュレーションではまだハイブリッド技術が許可されていないため、ポルシェ911 GT3 Rハイブリッドにポイントは与えられない。

また、11月7日には中国の珠海で開催される新設のル・マン・インターナショナル・カップの最終戦にも911 GT3 Rハイブリッドはエントリーを予定している。この6時間で競われるレースにおいても、GT3Rハイブリッドは同様にポイント対象外となる。

「911 GT3 Rハイブリッドはニュルブルクリンク24時間で優れたパフォーマンスを発揮したため、今後も私達はさまざまなサーキットでより多くのハイブリッドテクノロジーに関する経験を蓄積したいと意欲を燃やしています」とポルシェのモータースポーツ部門のトップであるハルトムート・クリステンは語る。

「同時に、私達のマーケットにとって最も重要なファンの皆様やお客様に、私達の「レースラボ」のレースでの活躍をご覧いただきたいと願っています」

ポルシェ911 GT3 Rハイブリッドでは、フロントアクスルに設置された2基の60 kWを発生する電気モーターがリアに搭載された480 PSの自然吸気エンジンをアシストする。これは、「ポルシェ インテリジェントパフォーマンス」のフィロソフィを明確に具現化したシステムで、減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換してフライホイールに貯蔵する。加速時にはこのエネルギーが自動的にモーターに供給され、ガソリンエンジンをアシストする。その結果、燃費の低減と航続距離の延長が可能となる。さらに、追い越し時にステアリングホイールに装備されたブーストパドルを操作して、貯蔵されたエネルギーを使用することが可能となっている。

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円