autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ディーラー統合などに言及した米政府調査機関(SIGTARP)の報告に対するGMの声明

自動車ニュース 2010/7/22 05:08

ディーラー統合などに言及した米政府調査機関(SIGTARP)の報告に対するGMの声明

GM

米政府調査機関、SIGTARPの報告書に記載されている内容は、新生GMおよび強化した販売店ネットワークがこれまでに成し遂げてきた事実を物語っている。たとえば、経営破たんから1年以上が経過し、GMは顕著な前進を見せているうえ、業績は向上し、4ブランドの売上は32パーセント増加した。また、工場に数十億ドル規模の投資を行い、数千人の従業員が復職した。さらに、販売店との関係改善も進んでおり、すでに数百の販売店が営業を再開したほか、訴訟を提起した他の販売店についても、調停に関する意見聴取が完了している。GMは、適切な規模の販売店ネットワークを通じて、より高い経営効率、販売店の処理能力や収益性の向上、全般的なコストの削減を引き続き達成できると予想している。世界最高の乗用車・トラックを販売する強力で収益性の高い販売店ネットワークが、当社の市場における優位性につながるものと確信している。

GMの取り組みや、販売店の縮小、上訴手続きに際して採用された基準や様々な事業上の要素をなるべく完全に記録できるように、GMはSIGTARPの全体にわたる調査活動に全面協力した。当時のGMは、特殊な状況下において、客観性のある販売店統合プロセスを策定、実施するべく最善を尽くした。元GM幹部が様々な公式発言の中で述べているとおり、GMは当時の経営状況の中で、あらゆる利害関係者にとって痛みを伴う、困難かつ早急な措置を講じる必要があった。その後、GM、従業員、販売店は明るい未来への確信を新たにした。

過去の経緯を検証したSIGTARPの調査を当社は重要なものとして評価している。その一方で、GMメンバー全員による専心と活力によって、当社の収益性が回復し、国からの支援を返済するという目標にまっすぐに進んでいると捉えている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!