autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 横浜ゴム、走行時のタイヤ空気抵抗を測定するシミュレーション技術を開発

自動車ニュース 2010/7/17 00:45

横浜ゴム、走行時のタイヤ空気抵抗を測定するシミュレーション技術を開発

横浜ゴム

横浜ゴムは、ころがり抵抗の低減に次ぐ新しい環境対応技術として、走行時のタイヤ周辺の空気の流れを改善することで車の空気抵抗を減らし、燃費向上を目指す新たな視点のシミュレーション技術開発に取り組んでいる。

車の走行中、タイヤを装着するタイヤハウス内は空気が乱雑に流れている。この空気の一部が車両側面に流れ出し、車の空気抵抗を変化させる原因のひとつとなっている。しかしながら、これまでタイヤの空気抵抗シミュレーションはタイヤ単体でのみ行われており、実走行を想定したシミュレーションは行われていなかった。そこで横浜ゴムは、タイヤハウス内に装着し、かつ回転している条件下で空気の流れをシミュレーションする技術開発に取り組んできた。現在、空力シミュレーション技術と風洞実験※の両面から研究を進めている。

※人工的に小規模な流れを発生させ、実際の状況を再現・観測する装置および施設(風洞)を用いた実験のこと。

すでに回転時のタイヤ周辺の空気の流れについて、タイヤ単体とタイヤハウス内の2つのケースでシミュレーションを実施している。その結果、タイヤ単体の場合は比較的空気の流れが安定しているのに対し、タイヤハウス内ではタイヤハウスの影響により空気の流れが複雑に変化していることが判明した。

横浜ゴムは今後、タイヤ形状と空気の流れの関係をさらに研究し、タイヤだけの性能追求ではなく「車全体の空気抵抗を低減するタイヤづくり」を検討していくとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!