autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、新型プレマシーを発売

自動車ニュース 2010/7/1 14:00

マツダ、新型プレマシーを発売

マツダ プレマシー新型プレマシー新型プレマシー インテリア

マツダは、7人乗りミニバン「プレマシー」をフルモデルチェンジし、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて販売を開始する。車両本体価格は消費税込みで179.9万円~231.4万円。(4WD車は8月上旬発売予定)月間販売台数は1,800台を計画している。

プレマシーは、世界の主要市場で販売され、累計生産台数83万台(1999年~2010年5月現在)を超えるマツダの代表的なミニバン。

新型プレマシーの開発コンセプトは、「コンテンポラリー・スマート・チョイス~時代にあったスマートな選択~」。スタイリッシュなデザイン、両側スライドドアを備え、多彩なシートアレンジが可能なフレキシブルな室内空間、スムーズかつ上質で気持ちのいいスポーティな走行感覚、優れた燃費性能などを備え、家族や環境に優しいクルマとして開発された。

新型プレマシーのデザインは、自然界の水や風などの「流れ」の美しさに触発された「NAGARE(流れ)」造形を用いた、斬新で美しいデザイン。これまでモーターショーなどのコンセプトカーに採用して好評を博してきましたが、この度、量産車として初めて本格採用された。

乗降しやすい大開口の両側スライドドアや、「6+One」パッケージングコンセプトによる、ユニークな2列目中央席のシートアレンジ機構を備え、ニーズに応じて様々に使える優れた機能性を備えている。また、運転のしやすさ、シートの快適性や収納スペースの充実など機能への細やかな改善が積み重ねられた。

新型プレマシーでは、素早いエンジンの再始動を特長とするマツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を「20S」「20E」の2WD車に新たに設定し、2.0Lクラスの国産ミニバンでトップの燃費性能10・15モード16.0km/L(電動スライドドア装着車は15.0km/L)を実現した。「環境対応車普及促進税制」による減税対象、および「環境対応車普及促進対策費補助金」の支給対象となっている。

「i-stop」の搭載は、「マツダ アクセラ」「マツダ ビアンテ」に続き3車種目。同機構は、自動的にエンジンの停止と再始動を行うため、ドライバーが普通に運転するだけで燃料消費を節約でき、エコドライブに貢献する。

走行性能面では、運転操作の「統一感」やクルマの動きの滑らかさが感じられる走行感覚にこだわり、スムーズかつ上質で気持ちのいいスポーティな走行感覚を実現している。

マツダ プレマシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ プレマシー の関連記事

マツダ プレマシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ プレマシー の関連記事をもっと見る

マツダ プレマシー の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23