autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、新型クロスポロを発売 ・・・ 1.2L TSIエンジンを搭載

自動車ニュース 2010/6/29 14:20

フォルクスワーゲン、新型クロスポロを発売 ・・・ 1.2L TSIエンジンを搭載

クロスポロクロスポロ (リアビュー)クロスポロ (インパネ)クロスポロ (シート)

フォルクスワーゲンは、SUVテイストのスタイリングと1.2リッターTSIエンジンを採用した新型「クロスポロ」を本日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売を開始する。価格は260万円(税込)。

初代「クロスポロ」は、先代ポロをベースにSUVのスタイリングと、テーマカラーの「マグマオレンジ」や、「ライム」など個性的な専用エクステリアカラーをまとって2006年9月に発売された。以来独特のスタイリングやポップなカラーが男女を問わず受け入れられ、導入当初はポロ全体の販売台数の15%以上を占め、導入から3年間で3,500台以上を販売した。

新型「クロスポロ」は、昨年10月に発売され、今月より1.2リッターTSIエンジンを新規に搭載した新型「ポロ」をベースに、先代「クロスポロ」が採用していたユニークで斬新なイメージの内外装を継承しつつ、よりクールな印象に仕上がっている。先代が採用していた1.6リッター自然吸気エンジン+6速ATに代わり、低燃費と高い動力性能を併せ持つ1.2リッターTSIシングルチャージャーエンジン+7速DSGを搭載し、先代の10・15モード燃費14.4km/Lから18.6km/Lへと約29%もの大幅な低燃費化を図ると共に、1.8リッター自然吸気エンジンに相当する高い動力性能を獲得した。

クロスポロの主な特徴は、

・ 高められた車高やシルバールーフレールがもたらすSUVテイストの専用エクステリア。

・ エクステリアカラーとのコンビネーションが図られたアクティブなイメージの専用インテリア。

・ 精悍な17インチ大径アルミホイール。

など、「ポロ」が持つ安全性、高い質感、快適性、機能性の高さにアクティブな遊び心をクロスオーバーさせたモデルとなっている。

新型「クロスポロ」の価格はベースとなった「ポロTSIハイライン」から18万円アップの260万円と、より充実した装備や数多くの追加専用アイテムに対して割安でお求めやすい価格とした。

1.2リッターTSIエンジンと7速DSGを組み合わせた「クロスポロ」は、10・15モード燃費で平成22年度燃費基準(ポロクラスの場合16.0km/L)を15%以上も上回る18.6km/Lを実現。 低排出ガス車認定4つ星の取得と合わせて、エコカー減税(50%減税)及び購入補助金の対象となり、合計で最大約32万円の購入補助を受けることが可能となる。

 エコカー減税額: 取得税55,700円+重量税22,500円=合計78,200円

 エコカー補助金: 25万円(車齢13年超の廃車を伴う場合)または10万円 (左記以外の新車購入)

大幅に高められた走行性能

今回「クロスポロ」に採用されたエンジンは1.2リッターTSIエンジン。先代「クロスポロ」が採用していた1.6リッター自然吸気エンジン(最高出力105PS/最大トルク148Nm)より小さな排気量ながら、直噴システムにターボ過給を組み合わせることで、自然吸気エンジンの1.8リッタークラスに相当する175Nmという最大トルクを、1,550回転という低いエンジン回転域から発揮する。この結果、0-100km/h加速は9.9秒と、従来の1.6リッターモデルの12.4秒(いずれもドイツ計測値)を大幅に上回り、車高の高められたサスペンションと合わせて街中を軽快に駆け抜ける。

エコカー減税対象

1.2リッターTSIエンジンの「クロスポロ」搭載にあたっては、日本専用のECU(エンジンコントロールユニット)のプログラムが開発された。この結果、平成17年排出ガス基準に対して75%低減レベル(4つ星)を達成し、また10・15モ-ド燃費値はリッター当たり18.6km(燃費値換算によるCO2排出量125g/km)の低燃費を実現。これにより「クロスポロ」はフォルクスワーゲンとして、6番目のエコカー減税対象モデル(50%減税)となった。

取り回しの良いボディサイズと充実した安全装備

「クロスポロ」最大の特徴は、ファッション性に富んだエクステリアとインテリアにある。シルバーで彩られたアンダープロテクター風のクロスポロ専用バンパー、ボディ下部を取り囲む樹脂性のホイールハウスエクステンション/サイドスカート、さらにシルバーのルーフレールとドアミラーがSUVテイストのスタイリングを実現。また専用サスペンションと、大径の17インチアルミホイールによって、クロスポロの最低地上高は、通常のポロより15mm、ルーフレールを含む全高は30mm高くなり、よりアクティブな走行環境での使用を意識しながら、都会の立体駐車場にも対応している。「ポロ」譲りの取り回しの良さは4.9mとコンパクトな最小回転半径にも現れている。さらに堅牢なボディシェルとESPやカーテンエアバッグを含む6エアバッグなど上級車にも劣らない安全装備を標準で装備。コンパクトカーにとって最も重要な衝突安全性についても十分な配慮がなされている。

フォルクスワーゲン クロスポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連記事

フォルクスワーゲン クロスポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円